「人間の器量―人間通"報われる男"の生き方!」童門 冬二

|

人間の器量―人間通

【私の評価】★★★★☆(82点)


■歴史に学ぶ人間の器量です。


 「人間の器量」とは、
 人に好かれることだと感じました。


 逆にいえば、
 人に嫌われないこと


 いくら正しくても、
 いくら良いことでも、
 人に嫌われたら何もできないのです。


 頭の良い人ほど、
 落とし穴に落ちる
 可能性があるようです。


・お前(三成)は頭がいい。また、確かに正しい。
 しかし、その正しさを物差しにして、
 いつも他人を裁く
。人間はすべてお前のように
 優秀でもなければ、正しくもない。弱い人間もいる。
 そこを、グサッとやられれば、逆にお前を恨む。(p96)


■頭のよい人は
 人がバカに見えます。


 自分はわかっており、
 人は分かっていない。
 確かにそれは事実です。


 しかし、
 人に嫌われるということは、
 人の気持ちがわかっていない、
 ということ。


 物の道理はわかっても、
 心の道理がわからなくては、
 人の心をつかみ
 権力を手にすることはできないのです。


・人の評判ほどアテにならないものはない。
 皆に評判がいいからといって、
 本当にいい人間かどうかわからない。
 (徳川頼宣)(p22)


■正しい、正しくないは論理であり、
 人の気持ちとは感情なのですね。


 これから10年は人の心を 
 大切にしていきたいと感じました。


 童門さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自力で富め。藩は手を添えるだけだ。嘘はつかない
 (由利公正)(p166)


・江戸で火災が起こったとき、自ら部下を指揮して消火に努めた
 大名がいた。皆はほめたが、家光は「ばかだ」と言った。
 理由を聞くと、「消防には専門家がいる。そんなときに、
 素人が飛び出しても、もし、大事な部下を死なせでもしたら、
 どうする気だ?」と答えた。(p15)


・立派な家訓が多い家ほど早く潰れる(p47)


・人間、六十を過ぎたら身を退くべきである。
 六十過ぎても、まだ何かしようというのは、
 まったく自分を知らないためである。
 自分を知らない者に、他人のことがわかる道理がない
 他人がわからずに、どうして事業ができようか
 (徳川頼宣)(p26)


・管理人が小作人をいじめたり不正を働くと、
 すぐクビにした。管理人のほうが終始ビクビクしていた。・・・
 貧乏な農民の中には、「借りた金を返して土地を取り返すよりも、
 このまま本間さまの小作人でいたほうが楽だ」
 という者の多かったという(p177)


・老中たちが脅威に感じたのは、毎日の会議で
 吉宗がビシビシ質問することだった。
 「井上、幕府の今年の収入高は?」・・・
 もちろん吉宗のほうは知っていた。(p242)


人間の器量―人間通
童門 冬二
三笠書房
売り上げランキング: 191,139

【私の評価】★★★★☆(82点)



■目次

第一章 この"器量"があればこそ人は自分を託す
第二章 この"実直な生きざま"に学ぶ
第三章 人徳には理屈を超えた力がある
第四章 「配慮」の知恵を学ぶ
第五章 難局打開もこの器量一つ
第六章 自分の器量を育て上げる


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)