人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「すれ違ってしまった相手との心の修復法」中山 和義

2012/07/28本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

すれ違ってしまった相手との心の修復法


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

 「話し方」で人間関係が変わる、という一冊です。ちょっとしたひと言。ちょっとした物のいい方。そんなところから心のすれ違いが増幅する場合があるようです。


 つまり、コミュニケーションが多ければ信頼感が醸成され、誤解や言葉のすれ違いがおこる可能性は低くなります。ちょっとした挨拶や言葉掛け、どうでもいい世間話、細やかな意思疎通で人間関係は良くなっていくのです。


心のすれ違いは、言葉のすれ違いから始まる(p1)


 身近な人こそ、最後まで話を聞いてあげる。「そうだよね、わかるよ」と言ってあげる。答えを出してあげるのではなく、理解してあげることが必要です。


 特に女性の場合には、発している言葉だけでなく、その奥底に含まれる思いをつかんであげましょう。相手も自分の気持ちを察してほしい、と思っていることがあるのです。


・「夕飯、何にしようか・・」という質問の中に隠されている気持ちは「私は今日の夕飯の献立に悩んで困っている」という気持ちです。(p42)


 会社でも、仕事を頼むときには、理由を添える。叱るときも期待を添える。そんなひと言が、人の心を動かすために必要なのでしょう。


 同じようにお願いするにしても、もっともな合理的な理由を添えてあげると、理解と納得してもらえれば、話は進むのです。


・指示を与えるときに、目的を説明する・・「コーヒーを入れてくれる」とお願いだけをするよりも、「今日、重要な会議があって、眠くなるといけないから、コーヒーを入れてくれる」(p71)


 非常に具体的。やさしい語り口でレベルの高い一冊でした。人は言葉ではわかっていても、実際できないところもありますが、それも人生の修行なのでしょう。


 中山さん、良い体験をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「・・もっと、早く帰って来なさい」と怒鳴っているようなら「遅くなると心配だから、12時までには帰って来て欲しい」と期待を話してあげた方が効果があるはずです(p100)


・「コップ取って」・・この会話に・・気持ちを付け加えると「そのコップを取ってくれると嬉しい」(p54)


・心理カウンセラーが行ってはいけないことは、簡単に、人の悩みに答えを出してあげることだよ(p31)


・家族など、身近な人に気持ちを伝えるためには、特別な日を活用します・・「誕生日」や「結婚記念日」(p59)


・ねぎらいの言葉・・・テストの結果は、思っていたほど、良いものではありませんでした・・「成績は残念だったけど、一生懸命に勉強していたね。お疲れ様」と声をかけてあげればいいのです(p108)


・90点の答案を見せてもらったときに「・・調子にのったら、ダメだよ」とか「いつも、このくらいできるといいね」・・・子どもが自信をつけるチャンスを、逃してしまいます(p113)


すれ違ってしまった相手との心の修復法
中山 和義
PHP研究所
売り上げランキング: 29503


【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: