「スピード危機管理―ピンチに強くなる52の具体例 」中谷 彰宏

|

スピード危機管理―ピンチに強くなる52の具体例
 
【私の評価】★★★☆☆(71点)


■東日本大震災で危機管理の大切さが指摘され、
 危機管理マニュアルを見直しされている人も
 多いと思います。


 私も同類で、この本を手にしましたが、
 印象としては、
 戦争から学ぶ危機管理という趣き。


 戦争も仕事も同じということです。


・今の世の中は、思いもよらなかったことが
 突然起こります・・・危機管理では、
 「自分はどこが弱いのか」ということについて
 気づくことが大切です(p24)


■日本軍が弱かったのは、
 輸送とスピードです。


 戦車があっても、運べない。
 飛行機があっても、パイロットがいない。
 武器があっても、食料がない。


 輸送路、補給がいかに重要か
 ということです。


 そういえば、東日本大震災でも、
 米軍は仙台空港を
 真っ先に補修してくれました。


 これも輸送路の重要性を
 知っている上での
 判断なのでしょう。


輸送路を確保したほうが、勝つ・・・
 アメリカのディズニーランドは、
 車の出し入れから違います。
 日本のショッピングセンターなどにある駐車場は、
 車を入れるレーンが壁に対して90度になっていますが、
 アメリカは斜め60度と決まっています(p149)


■実戦経験がない人に対して、
 「危機意識がない、平和ボケ」と
 批判するのは簡単です。


 しかし、周囲が全員平和ボケの中で、
 ここが危ない、これが起きたらどうする、
 と主張しても、なかなか難しい。


 今は、危機管理のレベルを上げるには、
 いちばん良い時期なのかもしれません。


 中谷さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お役所の各部署では、実践経験がない上司ほど、
 命令書に精神論を書きます。
 具体的に何をどうすればいいかということを
 書かないのは、危険な兆候です(p126)


・日本の陸軍は、「戦車をたくさん持っていれば勝てる」
 と考えていました・・・
 ところが、大事なのは、戦車の台数ではなく、
 「運ぶトラック」の数
でした(p154)


・アメリカは、航空母艦にブルドーザーも
 載せていました・・・
 アメリカの航空母艦は、
 横があいた設計になっています。
 横がオープンになっていれば、
 ここから燃えている飛行機を
 どんどん海に捨てる
ことができます(p174)


・真珠湾で痛手を受けたアメリカは、
 戦艦を作っていた工場をストップして、
 空母をつくる工場に切りかえました。
 ところが日本は、
 真珠湾攻撃で"勝った"にもかかわらず、
 武蔵、大和のような大艦巨砲主義へと、
 時代を逆行していきました(p93)


スピード危機管理―ピンチに強くなる52の具体例
中谷 彰宏
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 248681

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)