「破軍の星」北方 謙三

| コメント(0) |
破軍の星 (集英社文庫)
北方 謙三
集英社
売り上げランキング: 165353

【私の評価】★★★★☆(82点)


■中学の歴史で学んだ南北朝時代。

 南朝は後醍醐天皇。
 北朝の足利尊氏。

 この南朝を支えた北畠顕家(あきいえ)が、
 この本の主人公です。

 東北地方を武力により支配する陸奥守として
 16歳で派遣されます。


・十六歳である。青公家が、と心の底では思っている
 諸将もいるであろう。そういう軽視も、
 打ち砕いておかなければならなかった。(p27)


■顕家は持って生まれた才能で、
 陸奥を平定すると、
 足利尊氏の反乱を鎮圧するために、
 京都まで進軍します。

 朝廷の命令に従うべき、
 という使命感。

 一方で、
 命令に従うことで兵が死に
 農民も死ぬという現実。


 国家とは、国体とは、朝廷とは
 何なのか。
 何のために国はあるのか

 顕家は考えるのです。


・国というものには、根幹が必要なのだ。
 この国では、それが主上だ。
 根幹は、長い歴史によってはじめて作られるものだ。
 武士は、ほんの短い間、その歴史を曲げているだけだ(p137)


■現在でも日本の国体は、
 天皇を支持する国民の意識で
 支えられています。

 それがあるのも、
 過去の混乱、多くの国民の死を積み重ねて、
 日本の象徴としての天皇という制度
 現代まで続いてきたのだと感じました。


 北方さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・京には年貢を運ばなければならない。
 大内裏造営の課徴金も申しつけられる。
 陸奥の富が京に運ばれ、腐った公家たちの贅沢に
 費やされるだけだ、と顕家はよく考えた。(p93)


・この旗のために死のうとした者が、何人いたのか。
 そして自分は、そういう無数の死に支えられて、
 陸奥を平定してきたのではないのか。
 あまり深くは考えなかった。ここは戦場である。(p393)


・知は力。これも父に教えられた。
 いまの世で、知は力ではない。 
 武だけが、真の力だと言ってもいい。(p269)


・朝廷は飾りで、幕府が政事をする・・・
 それがいま、実現しつつある。
 朝廷があまりに障害になるようなら、
 潰すしかないだろう。
 それは、尊氏にはできないことだ。(p214)


破軍の星 (集英社文庫)
北方 謙三
集英社
売り上げランキング: 165353

【私の評価】★★★★☆(82点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)