「母さんのコロッケ ~懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語~」喜多川 泰

| コメント(0) |

母さんのコロッケ ~懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語~

【私の評価】★★★★★(94点)


■年をとると見えてくるものがあります。


 それは、自分を育ててくれた父母
 そしてその上のおじいさん、おばあさんの思い、
 そして、その先・・・
 つまり、自分の先祖への感謝です。


 自分でなしとげたものは何もない。
 遺伝子は先祖から受け継いだものですし、
 価値観は両親からもらっているわけです。


・「私の心はいつまでもお前のそばにいるからな」きっと自分のことを見てくれているのだろう。秀平は星空を仰ぎ見た。(p123)


■この本では、主人公秀平が、
 自分で考え自立できる子供を育てる!
 という理想を持ち、塾を起業します。


 当然、塾はなかなか
 軌道にのりません。


 そうしたなか3人目の
 子供ができるのです。


 仕事と家族。
 そのバランスで悩む秀平は、
 不思議なことに
 夢の中で
 今はなきおじいさん、おばあさんの
 体験を見ます。


 朝鮮からの必死で避難してきた
 おばあさんと母。


 召集令状をもらい
 妻と子供を残して
 戦場へ行くおじいさん。


 みな、子供を守るために、
 命がけで生きてきたのです


生き延びたお前の命は、命を落としたこの国のすべての人の希望の光だ。伸び伸びと生きろ。欠点は周囲の人の才能に助けてもらえばいい。でも、長所はお前だけのものではない。母を助け、家族を助け、周囲の人を助けるために使いなさい。(p112)


■「子供が親を育ててくれる」といいますが、
 子供が親の隠れた力を引き出してくれるのでしょう。


 子供への愛と、同じ愛を受けてきた
 自分自身。
 そしてそれをずーっと続けてきてくれた
 ご先祖様。
 そのことを思い出させてくれる一冊でした。


 それにしても喜多川さんは、
 はずれがなくて素晴らしい。天才ですね。


 喜多川さん
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・塾に来る母親の多くは、目の前の点数のことで頭がいっぱいになっている。そんな母親でも生まれたばかりの頃は、生まれてきてくれただけでありがとう、という言葉をかけているものだ。(p55)


・子供たちは変わっていないということだ。・・・時代に関係なく、子供たちは素直で正直に、大人の教えたことに反応してくれる。変わったのは大人が子供たちに教える価値観の方なのだ(p120)


・その前の世代、つまり君たちが生まれるほんの五十年前に生きていた人たちまでは、大げさではなく誰もが、明日死ぬかもしれないという過酷な状況の中、必死で家族を守るために生きていたんだ。(p182)


・人は自分のためよりも、自分の大切な人のために行動するときこそ、自分でも思ってもみなかった力が出る。確かにその通りだ。(p213)


母さんのコロッケ ~懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語~
喜多川 泰
大和書房
売り上げランキング: 1684

【私の評価】★★★★★(94点)


本書に書き下ろしの短編を加え改題した「きみが来た場所 Where are you from? Where are you going?」が出版されているので両方買わないように気をつけてください。私は気付かずに買ってしまいました。


きみが来た場所 Where are you from? Where are you going?
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-01-26)
売り上げランキング: 261,548



■目次

昭和五十一年夏
序章 平成二十三年夏
Candy
大波にのまれる小舟 昭和二十年七月
振り子
覚悟 昭和二十年九月
受け入れよう
愛するものがいればこそ 昭和二十年七月
鏡に映る自分
出会い 昭和二十五年
集中
確率 昭和四十四年
原因と結果
希望の塊 昭和四十五年
大切にするから
二つの使命
再会


■関連図書 

 「国家の品格」藤原 正彦


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)