本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「禅と陽明学(上)」安岡 正篤

2011/10/21本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

禅と陽明学〈上〉 (人間学講話)


【私の評価】★★★★☆(84点)


■この上巻では、禅、仏教、
 儒教、老荘思想を学びます。


 はっきりいって、
 読むのに一週間かかりましたが、
 まったく手に負えないという感じです。


 はじめて「7つの習慣」を読んだときのように
 良い本とはわかるのですが、
 中国やインドまでいってしまうと
 どうもよくわからないのです。


・道に生きる。道に遊ぶ。・・・根本は道であり、天である。・・・常に天然自然というものを大観しながら、そのうちに自己を浸して、そこから常に新しい自分を見出してくる。打ち立ててゆく。ということは常に私心を去って、大いなる真の境地に入ってゆく。(p241)


■唯一、東洋文化のところでは、
 道を究める。
 真理を知る。
 身近なところから始める。
 繰り返し学ぶ。


 など、なんとか
 こうやって古典から学ぶのか、
 という感覚をもてました。


・木鷄・・・人間というものは少し出来てくると確かに人を小馬鹿にしますね(p172)


■かなり苦労しましたが、
 第二巻に挑戦です。


 まだまだ学ぶところはありますね。
 修練です。


 安岡さん
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間というものは権力を握るまではみな、たいへんな努力をする。ところが苦心惨憺して権力を握るとたいていだめになる。これも歴史の共通の現象です(p97)


・人類幸福のために、世界の平和のためにやるのだ、・・盛んだけれども、これは事実において空虚であります・・・直接人間の接触面から始めなければならない・・・家族である、親族である、朋友である、隣人である。(p147)


・アメリカ・・・近視眼的・便宜主義・・・化学肥料をどんどん使う。虫が発生したら、殺虫剤、農薬を使ってこれを絶滅する・・・土地はどんどん荒れてしまい、農薬のために生き物はどんどん死んでしまう。作物は痛めつけられる・・・「道を忘れて器に走った」結果です(p230)


・日本は昔から君民一体である。主権は日本民族にある。日本の主権は日本人にある。その日本人を天皇が代表するといえば、主権は天皇にあるといっても、人民にあるといっても、同じことなんです(p231)


・学問求道というものは、常に反芻する必要がある。繰り返し繰り返し反芻することが大事であります。・・・それと同時に、頭をよく働かせる。頭というよりむしろ心を働かすということ(p245)


・謀叛・・・だいたい引っくり返そうと考えるなら、必ず野心家で少し頭の足りない、しかし虚栄心の強い、そして柄にない一種の力を持っている奴を探すに限る。・・・馬鹿者だから使えるのであって、頭のいい奴は使い物にならないわけです(p127)


▼引用は下記の書籍からです。

禅と陽明学〈上〉 (人間学講話)
安岡 正篤
プレジデント社
売り上げランキング: 118671


【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: