本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「勝海舟の人生訓」童門 冬二

(2011年2月 9日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

勝海舟の人生訓 新装版

【私の評価】★★★★☆(82点)


■「NHK大河ドラマ 龍馬伝」の印象が頭にあって、
 勝海舟の本を手にしました。


 坂本龍馬を導いた男。
 坂本龍馬を海軍操練所の塾頭にした男。
 やはり、勝海舟は大物だったようです。


行いは自分、批評は他人がする(行蔵は我に在す。毀誉は他人の主張、我に与らず)(p15)


■勝海舟は、
 他人の評価を気にしない
 マイペースな人であり、


 さらに非常にイヤミなことも言う人だったようです。
 それでいて考え方は一流。


・「アメリカで、お前はどういうことを学んだのか?」勝はこう答えた。「アメリカでは、無能力者が、世襲制で要職に就くという例はまったくありません」(p18)


■「学問は、結果を出す実学でなくてはならない」
 というように、
 考え方が非常に現実的であり、
 枠にとらわれない思考と、
 人を説得する力が、
 大業をなした理由のように感じました。


 童門さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分の足場を作るということは、まず何か特技をもたなければならない。自分に得意なことを一つ発見し、それを育てることだ。何でもいい。特技のない人間ほどつまらないものはない(p66)


・勝は折にふれ、「政治の根本は経済だ」と言った。(p82)


・人材は今でもどこにでもいる(p86)


・功を立てるのも、ほどほどにしておけ・・・昔から、功臣の殺されるのは、みんなその功を誇るからだ。・・・功臣が邪魔になってくる。そのへんをよくわきまえなければならない。(p123)


・彼も、多くの人に恩を受けたが、その恩人への恩の返し方は、「その人達が期待する人間になることだ。(p39)


勝海舟の人生訓 新装版
童門 冬二
PHP研究所
売り上げランキング: 83759

【私の評価】★★★★☆(82点)



■著者紹介・・・童門 冬二(どうもん ふゆじ)

 1927年生まれ。
 東京都庁にて、課長、部長、広報室長、企画調整局長、
 政策室長等を経て退職。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: