本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「わしの眼は十年先が見える」城山 三郎

(2010年3月24日)|

わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■倉敷紡績(クラボウ)、中国水力電気会社(中国電力)
 倉敷絹織(クラレ)、中国合同銀行(中国銀行)などを
 設立した大原孫三郎の生涯です。


 倉敷では、大原美術館が有名ですね。


■孫三郎の特徴は、
 当時の資本家と労働者という考え方ではなく、
 両者平等の視点に立ち、
 労働環境の改善に尽力しているところです。


 株主への配当を減らしてでも、
 かなりの資金を労働者のために
 使っています。


・利益処分の中に、職工賃金調節資金、工場衛生研究費、職工組合基金、従業員退職手当資金などを次々に設け、積み立てをはじめた・・・他社は十割の配当を出したりしている中で、孫三郎は配当を抑えると発表し、六割以内にとどめた(p183)


■また、人材育成にも大金を投じており、
 育英資金、留学資金を出しています。


 当時は海外に出るのが、
 最高にして高額な勉強だったことが
 よくわかります。


・孫三郎の口癖のひとつが、「自分は勉強しない代わりに、他人に勉強してもらう」であったが、その言葉通り、孫三郎は大正年間に24人を欧米留学に送り出した(p217)


■「一度、倉敷の街に行ってみたいな」
 そう思わせてくれる一冊でした。


 城山さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・十人の人間の中、五人が賛成するようなことは、たいてい手おくれだ。七、八人がいいといったら、もうやめた方がいい。二、三人ぐらいがいいという間に、仕事はやるべきものだ・・・一人もいいと言わないときにやると、危ない(p298)


・子孫は先祖の誤りを正すためにあるんじゃ。わしはそう思って、やってきた(p265)


わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)
城山 三郎
新潮社
売り上げランキング: 18313
おすすめ度の平均: 3.5
4 自己の信念を貫いた生き方が見事
4 倉敷に大原美術館を残した人の話
5 本当のnobles obligeとは何か。
4 城山経済小説の秀作のひとつ
3 大原の精神形成を十分に描けていない

【私の評価】★★★☆☆(79点)



■著者紹介・・・城山 三郎(しろやま さぶろう)

 1927年生まれ。2007年没。
 『総会屋錦城』で直木賞。
 『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞、毎日出版文化賞。
 『もう、きみには頼まない』で菊池寛賞。 
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(3)

はじめまして、てんぷうと申します。
本のソムリエ様のお陰で喜多川泰さんの作品の他、私の人生に大きな影響を与えた本を多数知ることができ、とても感謝しております。
ソムリエ様を知ったのはメルマガでしたので、実はこのブログを訪問したのは今日が始めてでした。
毎日素晴らしい記事を書かれていることに感銘を受けております。楽しみにしていますので、これからも頑張ってください。
応援クリック!!

この本は実際に私が倉敷を訪れた際に、
街の素晴らしさと大原孫三郎という人物に
興味を惹かれ、思わずそこで買った本でした。

図らずも、本のソムリエさまと、
私がこの本で共感した箇所が一致したことに、
驚いたと同時に、

このメルマガの活用で
私も「本の読み方」が身についてきたのかも
という嬉しい気持ちになりました。

これからも宜しくお願いします。

「自分は勉強しない代わりに、
 他人に勉強してもらう」

これはしびれますね~~

私も会社では教える立場にありますので、
参考にします。

本当に昔の人から学べることって
たくさんありますね。


同じカテゴリーの書籍: