本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「逆境を生きる」城山 三郎

(2010年7月11日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

逆境を生きる

【私の評価】★★★★☆(86点)


■戦争前後を生き抜いた
 真珠の御木本幸吉、A級戦犯となった広田弘毅、
 ライオン宰相と呼ばれた浜口雄幸の生き方から、
 男の生き方を考察した一冊です。


 城山さんは、「落日燃ゆ」「男子の本懐」など
 彼らを主人公にした小説を書いていますので、
 その資格があるのでしょう。


■城山さんが言いたかったことは、
 逆境を切り開いている人には、
 偶然はないということです。


 興味を持つ、それを調べる、
 改善点を提言する、実行する、
 といったその人間の行動が、
 逆境を切り開いていくということです。


・渋沢栄一・・・そうやって勉強して吸収していくと、
 当然ながら、ここはちょっとおかしいじゃないか、
 ってところが出てきます。・・・
 それを今度は、書くのです。建白する(p25)


■人にはそれぞれ特徴がありますが、
 それぞれの人にはそれに応じた器があり、
 それに応じた運命が待っているという
 ことなのでしょう。


 城山さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・御木本幸吉、あの真珠王は、汽車に乗る時は
 二等車には決して乗りませんでした。
 必ず、一等車か三等車に乗る・・・
 いずれも情報が取れる(p17)


・<三本の矢>の教訓も嘘ですね。・・・
 団結の必要性を繰り返し説いたのは事実です。
 元就は息子たちに対して膨大な数の手紙を残しています(p60)


・中山素平さんも、「人を選ぶ時には、なりたくない人を選ぶんだ」
 と言っていました。「なりたい、なりたい」という人は、 
 リーダーの器ではないのかもしれない。(p119)


・浜口に「自分は死ぬ覚悟でやる。
 あんたも自分と一緒に死んでほしい」とまで言われ、
 「そこまで自分を見込んでもらえるなら、
 私も命を投げ出しましょう」。
 ここで、初めて二人が結ばれるのです(p175)


・人間が大きな事を成そうと思ったら・・・
 まず四囲の状況を観察して、
 足元と背後をしっかり固める。
 その上で、やり始めたら、
 「信念が兎の毛ほども動いてはならない」。
 そして、
 「問題は最後の五分間だ。
  うんと踏ん張るべし」(p185)


逆境を生きる
城山 三郎
新潮社
売り上げランキング: 21393
おすすめ度の平均: 4.0
4 今だから必要な一冊

【私の評価】★★★★☆(86点)



■著者紹介・・・城山 三郎(しろやま さぶろう)

 1927年生まれ。 2007年没。
 本名、杉浦 英一(すぎうら えいいち)。
 小説家。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: