本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「死ぬときに後悔すること25」大津 秀一

2009/09/10本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(86点)


内容と感想

■余命の少ない人を対象とした
 終末期医療に携わる大津さんの
 一冊です。


 人生の最後を迎えた人と
 向き合ってわかるのは、最後のときに
 人が何に対して後悔するか、
 ということです。


■私にとっては常識的なことが
 ならんでいます。


 健康を大切にしなかった、
 葬儀、遺産分配を決めなかった。
 これは、管理的なものでしょう。


美味しいものを食べてこなかったこと(p79)


 仕事ばかりでやりたいことをやらなかった、
 生きた証を残さなかった。
 これも、よく言われることです。


生きた証として何を遺すか(p182)


 他人に優しくしなかった、
 恋愛・結婚しなかった、
 愛する人に「ありがとう」と伝えなかった。
 これは、「愛」に関係することでしょう。


 なんだ、この逆をやればいいんだ、
 と私は感じました。


■そういえばお金を貯めなかった、
 というものはありませんでした。

 お金は目的達成の手段にすぎない
 ということなのでしょう。


・長生きや健康は、自分の夢や希望をかなえる「手段」であると思うのである。(p49)


■人生の最後のときに
 後悔しないためのガイドラインになる
 一冊だと思います。


 本の評価としては、
 ★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・死ぬ前に後悔するのは、夢がかなわなかったこと、かなえられなかったこと、そのものよりも、むしろ夢をかなえるために全力を尽くせなかったことにあるのかもしれない(p64)


・「今考えると、何であんなに泣いたり、あんなに怒ったりしたのかわかりません・・・だって誰もが天に帰るのだから。誰もが土になるのだから。皆同じ。(p77)


旅行はできるうちにしておくほうが良い(p131)


・「子供なんかいなければ良かった」死出の旅路の前にそう言った人は、私の知る限りでは存在しないが、「子供がいれば良かった」そのように思う人は少なくなかったのである(p164)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(86点)



著者紹介

 大津 秀一(おおつ しゅういち)・・・1976年生まれ。日本バプテスト病院ホスピスに勤務したのち、2008年より松原アーバンクリニックに勤務し、終末期医療に携わっている。著述、講演活動により緩和医療、死生観について問いかけを続けている。


死ぬとき関連書籍

「病院で死ぬということ」山崎 章郎
「ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる」佐藤 健
「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」小澤竹俊
「死ぬときに後悔すること25」大津 秀一
「人生の実力―2500人の死をみとってわかったこと」柏木 哲夫


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: