本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「グズをなおせば人生うまくいく」斎藤 茂太

(2009年8月18日)|

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■今は亡き茂太さんのお話は、
 無理がなく、すっと心に入ってくるのが
 良いところだと思います。


 すごい人なのですが、
 「私もグズだったけど、
  なんとか修正しながらやってこれたよ」
 と言われると、そうかな、と思ってしまうのです。


  ・より高きを目指して、困難に立ち向かってはじめて、
   人間としての進歩を遂げることができる。だから、
   「私は無能だ」などと悩んでいる人は、見込みがあると
   思うのだ(p109)


■この本を読むと、心配性は悪くない。


 ただ、心配のあまり萎縮して、
 行動できなくなってしまうのが
 良くないとわかります。


  ・新しい仕事を与えられたとき・・・不安から萎縮してしまう
   人もいる。・・・失敗して自分の評価が下がることを恐れて
   いるのかもしれないが、尻込みした時点でもう、あなたの
   評価は下がっていると考えたほうがいい。(p28)


■私が興味を持ったところでは、
 茂太さんは、メモ魔だったようです。
 なんでも手帳に記録していたそうです。
 

 今も生きていたならブログに
 なんでもアップしていたに違いありません。


  ・"記録グセ"が身につくと、日常風景を見る目が
   変わってくる。・・・わからないことを人に尋ねたり、
   感動したことを会話のネタにしたり、ふと感じた疑問を
   本で調べたり・・・(p114)


■ちょっと落ち込んだときに、
 心温かくなる一冊だと思います。


 文庫で安いので、ちょっとした時間に
 読んでみてはどうでしょうか。


 本の評価としては、★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「今できることはすぐやる」習慣が身についた。・・・
   たとえば、知人に本を贈っていただいたときなど、
   私はその日のうちに必ず礼状を書く。(p49)


  ・こじつけでいいから、不運を幸運ととらえる発想をするといい。
   「左遷」は「新しい仕事に挑戦する好機」、
   「仕事におけるミス」は「目的に一歩近づくための、
   あるいは大きく躍進するための経験値」、
   「経済的な困窮」は「豊かさに向かう出発点」(p160)


  ・人間の心理は不思議なもので、相手を好きになれば、
   相手も自分を好きになってくれるものだ。・・・コツは、
   会った瞬間に、相手の目をまっすぐ見て、ニコッと微笑むこと(p204)


▼引用は、この本からです。

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい
斎藤 茂太
大和書房
売り上げランキング: 71959
おすすめ度の平均: 4.0
3 グズであることも逆手にトル!
5 決断できる?できない?
4 やらなきゃ始まらない

【私の評価】★★★☆☆(79点)



■著者紹介・・・斎藤 茂太(さいとう しげた)

 精神科医。日本ペンクラブ理事。
 歌人、斎藤茂吉の長男。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: