「カリスマ教師の心づくり塾」原田 隆史

| コメント(0) |

カリスマ教師の心づくり塾 (日経プレミアシリーズ 9)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■原田先生の本はすべて買っている私ですが、
 この本でわかるのは、
 原田先生があらゆる手法を試しているということです。


 原田先生の手法は、指導者の理念、目標設定、
 挨拶、掃除、練習メニュー、
 リーチングシート他と幅広いのですが、
 これらは実際に試して、
 うまくいった方法なのです。


■たとえば、原田先生の指導の特徴に、
 生徒に奉仕活動をさせるというものがあります。


 家と学校で役割を与えるのです。


 これも、原田先生が日本一を目指し始めた頃、
 勉強もせず、掃除もせず、ひたすら陸上の練習だけを
 やっていたら日本で二位にはなれたが、一位になれない。


 その時の原田先生は、自分たちが、
 服装は乱れ、ゴミは捨てる、挨拶しないなど
 人間としてダメな人間であったことに気づくのです。


 体力・技術だけでなく、
 人間として成長しなくてはだめだ、
 そう気づき、奉仕活動を始めたのです。


  ・陸上部に入部してくる生徒には、何か一つお手伝いを
   毎日やることを約束させました。皿洗い、風呂掃除、靴の整頓、
   何でもいいから、三年間1000日続けることを約束させるのです。(p93)


■原田先生は、良いことはなんでも取り入れる。


 何でもやっています。


 しかし、その原田先生に生徒が付いていくのは、
 原田先生が
 「三年で日本一にならなければ先生を辞める」と
 宣言したからでしょう。


 原田先生は「本気」であり、
 生徒を日本一にするために寝ないで
 「リーチングシート」を添削しているから、
 生徒が付いてくるのです。


  ・人間力とは、人を感動させる力のことです。
   感動を与えられる人間が、人間力のある人です。
   そして、人間力の源は、
   「本気になること」にあります。(p7)


■内容の濃い一冊でした。


 一日では読みきれない一冊です。


 本の評価としては、★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・世の中の流れは、「ゆとり教育」へと向かいました。・・・
   どんなことが、起こったでしょうか。
   不登校の子が増えました。
   学力が下がりました。体力レベルも下がりました。
   社会ではニートやフリーターが生まれました。(p113)


  ・ストロークを打つことで、私はあなたのことに
   関心を持っているんや、と分からせる。
   それが、やる気や元気を与えることにつながります。
   つまり、ストロークは「心の栄養」なのです(p124)


  ・清掃活動では、まず生徒に「一人一役」を割り振ります。
   ○○君は黒板をきれいにする。○○さんは窓を拭く。
   ほかに、廊下を掃く、棚を拭く、ほうきを片付ける、
   雑巾を洗うなど決めます(p121)


▼引用は、この本からです。

カリスマ教師の心づくり塾 (日経プレミアシリーズ 9)
原田 隆史
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 11354
おすすめ度の平均: 4.5
4 経験に裏打ちされた「実践的方法論」
5 学問を教えるだけが学校の目的ではない
5 熱心に教育をしてきた方である
4 熱血教師の体当たりの実践
5 原田イズム入門書

【私の評価】★★★★☆(80点)



■著者紹介・・・原田 隆史(はらだ たかし)

 1960年大阪府生まれ。
 奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に
 20年間勤務。荒廃した学校を建て直し、 
 陸上競技で13回日本一を達成。
 2003年公立中学校を退任。
 自立型人間育成教育を広める教師を育てる教師塾の運営や
 企業の人材教育、教育講演会などに活躍。


■関連DVD■

DVD仕事と思うな、人生と思え」原田 隆史
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)