本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「幸せをつかむ心理学―発想を変えると人生がひらける」國分 康孝

(2009年5月18日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せをつかむ心理学―発想を変えると人生がひらける (PHP文庫)

【私の評価】★★★★★(91点)


■心理学というと
 他人を操る、自分の思うとおりに操作する、
 といったイメージがありますが、
 この本はいかに、自分の幸せをつかむか
 ということに焦点を当てて
 教えてくれる一冊です。


■まず、いかに人に好かれるか。
 いきなりですが、その答えは明快です。


 それは、人の望むことをしてあげること、
 そして、自分の感情を開示すること、です。


 人の望むことをしてあげるのは
 当たり前に感じますが、
 自分の感情を開示するとはどういうことなのか。


・人が望んでいることをしてあげる。これが人に好かれる第一条件である。・・・第三の条件は、自己開示。自分の感情、状況、価値観などを表明することである。(p20)


■それは、自分の感情を開示しないようでは
 自分の人生にならないからです。


 自分の感情を開示しても、
 それを受け入れてくれる
 人と付き合えばいいのであって、
 自分を殺してまで付き合う
 必要はないということです。


・「人に好かれなければならぬ」というのも間違ったビリーフである。なぜならば、人に好かれるための人生というのは、自己を殺すことになるからである。(p30)


■カウンセリングに来る人は、
 間違った「思い込み」をしている人が
 多いそうです。


 「自分を出してはいけない」
 「威張ってはいけない」
 「人を傷つけてはいけない」


 これらは、すべて思い込みだというのです。


・威張るのはよくないと思っている人が多い。しかし、威張るとは自分の役割に忠実になることである。そして役割に忠実になるとは、自分の権限と責任を自覚し、それを打ち出す勇気をもつということである。(p70)


■これ以外にも、いかに生きがいを持つか、
 どうして人の役に立つことが大切なのか、
 など大切なことを教えてくれる一冊です。


 この本を読んで、隠れた宝を探し当てたような
 感覚になりました。


 本の評価としては★5つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


時間厳守とあいさつが人を育てる・・・結局、時間にルーズということは現実原則を軽視した生き方をしているということで、これは自ら自分の人生を出たとこ勝負(無計画的)にしているわけである。(p74)


・生きがいをもちたければ、心の許せる人とのつきあいをもつことである。そのためには自分の心をひらかなければいけない。具体的には
   1 自分の感情を出す
   2 自分に関して事実を語る。
   3 自分の価値観を語る。(p95)


・どういう生き方がいい生き方なのか。まず第一は人の立場になれること。第二は人のために何かをすること。第三は自分のためにいうべきことをきちんといい、やるべきことをきちんとやること。(p133)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★★★(91点)



■著者紹介・・・國分 康孝(こくぶ やすたか)

 昭和5年生まれ。哲学博士。川越少年刑務所カウンセラー、多摩美術大学助教授、東京理科大学教授、筑波大学教授を経て、現在聖徳栄養短期大学教授。日本カウンセリング学会理事長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: