「いま、子どもたちに伝えたいこと」原田 隆史

| コメント(0) |

いま、子どもたちに伝えたいこと

【私の評価】★★★★☆(87点)


■荒れた学校から
 スポーツ日本一の生徒を出してしまう
 原田マジックの秘密を伝えてもらいましょう。


 マイナスの子どもたちを変えるというのは、
 マイナスを0に戻し、
 プラスに変換するということ。


 そのためには、ひたすら
 生徒とかかわり続け、語りかけ、
 ストロークを打ち続ける
 必要があります。


教育とは「かかわり」なのです。・・
 かかわりの数と質で、人は育ちます。
 無視しない、遠慮しない。
 どうかこのことをしっかりと胸に留めて、
 子どもたちと向き合ってください(p136)


■そのためには、ぶれない軸が
 必要になります。


 だめなものはダメ。
 良いところは良い。


 「こいつは本気だ
 と生徒に思わせなくては、
 生徒は動かないのです。


・本当に私は同じことを何百回でも言います。
 ついに生徒が
 「もう、わかった。もう、言うことを聞くから」
 となりますが、そこまでに
 一年はかかるということです(p59)


■生徒が0に戻ったら、
 その生徒の良いところを伸ばします。


 やりたい目標を設定し、
 やる気を引き出していくのです。


 原田先生の本気を感じました。


 原田さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・荒れている学校やクラスを、一ヶ月や半年で
 劇的に変えるなどということは不可能です。
 どんあに頑張っても一年はかかる・・(p58)


本気・真剣の反対は遠慮です
 人間関係における遠慮は、
 相手の本気を台なしにしてしまい、
 やる気をそいでしまうことになります(p136)


・道を踏み外しそうになったときには、
 どんな厳しい言葉を使ってでも修正してあげる。
 部下がそれを受け入れなければ、受け入れるまで
 叱り続ける。たとえ部下が反発しようとも、
 絶対に譲らない一線というものを固持する(p137)


・自分の信じる夢を抱けばいい。
 ただ、その思いを夫婦で共有し、
 子どもたちに伝えることこそが
 大切なのです。(p103)


・まずは母親のいい部分をほめて、
 それから具体的なアドバイスをする(p143)


・人間には向き不向きがあります・・・
 ならば、自分が得意で向いていることを
 やったほうがいい

 そのように導いたほうがいい(p153)


・この人に会えば元気が出る、
 これをすれば心が満たされるといったことを
 自分でわかっておき、
 心のつぼが枯れてきたと感じたら、
 自分で供給する工夫をしてください(p171)


いま、子どもたちに伝えたいこと
原田 隆史
ウェッジ
売り上げランキング: 187,310

【私の評価】★★★★☆(87点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 わたしの原点
第2章 わたしが目指す人間像
第3章 家族経営のコツ
第4章 親づくり・自分づくり
第5章 いま学校で何が起きているか、知っていますか?



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)