本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「超管理職―「師匠」と呼ばれる上司の法則集」中谷 彰宏

本のソムリエ 2009/01/27メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

超管理職―「師匠」と呼ばれる上司の法則集 (PHP文庫)


【私の評価】★★★★☆(89点)


要約と感想レビュー

 サラリーマンは、部下としての下積み時代を経て、それなりのポジションを得て、だんだんと上司らしくなっていくものです。


 部下の経験はあるのに、なぜか上司の立場となると、部下への対応に悩んでしまうことがあるはずです。この本は、そうした人へ、上司としての考え方、部下への接し方についてアドバイスがもらえる一冊です。


 やはり上司とは、部下を説得できるだけの力量が必要となります。仕事は部下がするわけですから、部下が納得しなければ、部下はうまく動いてくれないでしょう。


・スタッフが、「僕は白のほうがいいと思います。なぜならば・・・」というふうに5つくらい理由を挙げたら、それに対して、赤でなければならない理由を100個ぐらいあげて説明するというのが、監督の仕事です。(p31)


 また、説明して仕事をさせるだけでなく、部下に任せて仕事をやらせる技量も必要となります。部下は自分でやっていると思いこんでいながら、その実は、上司がコントロールしているというのが理想でしょう。


 部下を信頼している、自分で判断してみなさいと、伝えるという方法もあります。まず、部下の意見を聞いて、リスクが大きければ助言し、リスクがなければ任せるという方法もあります。


・時には、命令しなければならないときもあります。そういうときでも、超管理職は・・・「Aにするか、Bにするか、それはおまえが決めろ」という言い方をします(p239)


 中谷 彰宏さんの本は、昔の本のほうがキレがあって、コクがありますね。部下が気になる上司にオススメの本として、★3つとしました。


この本で私が共感したところ

・会社の中で面白い仕事は、10個のうち1個だ。・・・面白くない仕事を9つこなして、ようやく面白い仕事1個にたどりつける。(p104)


・部下というのは、言ったことをマネするのではなく、実際に上司がやっていることのマネをします。(p98)


・部下の価値観を、ムリやり自分の価値観に変えようとしてはいけない・・・上手に丸め込むことが大切なのです。(p220)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(89点)



著者紹介

 中谷 彰浩(なかたに あきひろ)・・・1959年生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。1984年、博報堂に入社し、CMプランナーを務める。1991年、独立、(株)中谷彰宏事務所を設立。著書は、800冊を超す。「中谷塾」を主宰し、全国で、セミナー・ワークショップ活動を展開。2008年からは自社で「中谷塾」ブランドの書籍を刊行。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: