「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」北野 幸伯

| コメント(0) |

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義

【私の評価】★★★★☆(87点)


■40歳になってわかることは、
 実は世の中とはシンプルな考え方によって
 動いているということです。


 本書は、複雑に見える国際関係を
 国家指導者の視点で簡単に説明してくれます。


■まず、すべての前提として、
 アメリカは最強の軍事国家であり、かつ
 ドルという基軸通貨(国際通貨、世界通貨)を
 持っている
ということです。


 そして、そのドルはアメリカの貿易赤字により、
 長期的には価値が下がってきており、
 もしドル体制が崩壊すれば、
 アメリカも崩壊する
ことになります。


 ・頭の片隅に、次の言葉をとどめておいてください。
  「アメリカは、ドル体制に挑戦する国があれば、
   軍事力を使ってでもそれを阻止する
(p64)


■そして、ドルが弱くなるなかで、
 中国という巨大な国家が経済発展によって、
 エネルギー消費量を増やし、
 軍事力を強化しているとう現実があります。


 米国が中国との紛争は必至と考えても
 不思議ではありません。


 ・もし中国のエネルギー消費量がアメリカ並みになれば、
  この国は世界の生産能力を超える石油を必要とするようになる。・・・
  中国がアメリカとの紛争は必至と考えても不思議ではないし、
  それに備えていると思われる。(p90)


■著者の北野さんの助言は次のとおりです。


 1 アメリカがイランを攻撃する前に、憲法改正はしない。


 ・イラン情勢がクリアになるまで、憲法を改定するべきではありません。
  なぜでしょうか?・・・アメリカがイランを攻撃する・・・
  第一に、日本は国連を無視する悪者になる。
  第二に、日本は10億人のイスラム教徒を敵にまわすことになる。(p230)


 2 日中紛争を避けるために日中のパイプを太くする。


 ・アメリカがやろうと思えば、日中をぶつけることは
  難しくないのです。それで、両国疲弊したところを見計らい、
  北京を攻略。親米傀儡政権を樹立し、ドル圏にとどめる。
  ・・・日本は・・・中国とのパイプを今から再強化させておく
  必要があります。(p236)


■新聞、テレビのニュース、討論番組ではまったく理解できない
 国際情勢が、この一冊で見えてきます。


 これまでの予想的中率からも、この本を読めば、
 テレビ・新聞は見る気になりません。
 ★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・石油がなくなる日・・・いつ枯渇するのでしょうか?
  これは、はっきりわからないのです。・・・
  アメリカの確認埋蔵量は約300億バレル。・・・
  BPの予測では11年後に同国の石油は枯渇する。(p81)


 ・イラク攻撃の理由を、先のアメリカの戦略に沿って見てみましょう。
  1 ドル体制の防衛・・・
  2 石油利権の独占・・・
  3 中国封じ込め・・・(p102)


 ・ロシア人エリートのアメリカ観、中国観を一言で言うと、
  「アメリカを憎み、中国を恐れる」となります。・・・
  ロシアにとって理想的な状況は、
  アメリカと中国が戦って共に没落すること(p119)


▼引用は、この本からです。

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義
北野 幸伯
草思社
売り上げランキング: 2320
おすすめ度の平均: 4.5
5 大人は当然。子供にも読ませたい一冊
5 補助線
4 こういう斬り方もあるでよ
5 日本は生き残れるか
5 5★「わかりやすい世界情勢」帯に偽りなし。視野が拡がる快感!!

【私の評価】★★★★☆(87点)



■著者紹介・・・北野 幸伯(きたの よしのり)

 1970年生まれ。国際アナリスト。
 ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学卒業後、
 プーチン大統領の元ブレーンとともに
 日露ビジネスコンサルティング会社IMT設立。
 1999年からメールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を発行。
 イラク戦争、北朝鮮情勢、次はイランなど次々と予測を的中させる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)