本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「将」の器「補佐役」の器―部長として、課長として、係長としての参謀学」井原 隆一

(2006年6月28日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「将」の器「補佐役」の器―部長として、課長として、係長としての参謀学


【私の評価】★★★★☆(86点)


●日本の会社は、係長、主任、副長が
 動かしているといわれますが、
 そうした補佐役の心構えを示した一冊です。


・真の補佐役というものは、功を私しようとしない。手柄を立てれば部下にゆずるか、君に捧げている。(p13)


●補佐役は、上司と一体化しなくてはならない
 というのが、井原氏の考えです。


 そして、一体化しながら、
 無私の心が必要となります。


・第二の会社に移る際、副社長(補佐役)としての任務を果たすためにはどうあるべきかを考えてみた。・・・手帳に「自分を捨てきれない者は会社を捨てるか自分が捨てられる」と書いたのもそのころである。(p5)


●井原氏の著作は、すべて自分の経験が
 ベースとなっています。


 経験したいこと以外は書かないという
 信念があるようです。


 さらに、故事からの引用が、
 著作に重量感を持たせています。


●他の井原隆一氏の著作と重なるところはありますが、
 価値ある内容に変わりはありません。
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・昔から上に立つ者の身辺を濁らしてしまうものは、酒、女、かね、物で、男の邪欲といえるだろう。したがって、これらの欲を抑えた者は残り、溺れた者は亡びている。(p152)


・「役員になったら、あくせくするな。平素は昼行灯でいるがよい。そのかわり一朝あるときは命をなげ出せ」といわれた。(p136)


・辞任・・・「私としては収入の道を失うよりも、退任の時を失うほうが恐ろしい」と話したこともある。(p160)


▼引用は、この本からです。

「将」の器「補佐役」の器―部長として、課長として、係長としての参謀学
井原 隆一
大和出版
売り上げランキング: 1,048,641


【私の評価】★★★★☆(86点)


■著者紹介・・・井原 隆一

 1910年生まれ。小学校卒業後、埼玉銀行に見習い行員として入行。各部長、常務、専務を歴任。1970年、赤字の日本光電工業に入り、無借金優良会社に再建。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: