本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「財務を制するものは企業を制す」井原隆一

2004/02/19本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

財務を制するものは企業を制す (PHP文庫 イ 6-1)


【私の評価】★★★★★(93点)


内容と感想

●この本は財務の本ではありません。
 経営の本です。


 井原隆一さんの「社長の帝王学」9800円
 という本がありますが、
 これを基準にすると、
 この本は5000円の価値があります。


●「社長の帝王学」に書かれている井原さんの経験の部分は、
 この本でも十分にフォローされているので、
 買う価値十分です。


 PHP研究所の本は、松下幸之助の理念どおり
 「よい物を適正な価格」で提供してくれますね。


 でも524円は安過ぎます、PHPさん。


この本で私が共感した名言

・逆境を切り開き、これを次の飛躍の踏み台とすることのできる者が、真の経営者である


ケチと言われている人は、目的があるから、節約して貯金して増やしたり、運用して大きくしたりして使っている。それだけ多く出している。


・ある倒産会社の遠因は、基準を破りつづけただけとなっている。


・社長というものは、お小遣いのかかる商売ですよ。私は、ビタ一文でも公私混同はしない主義。(滝沢左内)


・暗礁にのり上げた船を浮上させるためには、まず積み荷を捨て、燃料を捨てるなど、すべてを犠牲にしなければならない。


謙虚、堅実、倹約、憲法(定款、社是社則、創業者の遺訓など)、研鑚の五つのケンを忘れてはならない


・悲観論者から買い、楽観論者に売れ


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(93点)



著者紹介

 井原 隆一(いはら りゅういち)・・・1910年生まれ。14歳で埼玉銀行に入行。20歳で父親の莫大な借金を背負い、銀行から帰ると家業をこなし、寝る間も惜しんで借金完済。その間、並はずれた向学心から独学で法律、経済、経営、宗教、歴史を修めた。最年少で課長に抜擢される。証券課長時代にはスターリン暴落を予測し、直前に保有株式証券をすべて整理。 経理部長時代には日本で初めてコンピューターによるオンラインを導入する。各部長、常務、専務を歴任。1970年、大赤字と労働争議で危地に陥った日本光電工業に入り、独自の再建策を打ち出し短期間に大幅黒字無借金の超優良会社に甦らせる。その後も数々の企業再建に尽力。名経営者としての評判が高い。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメント(1)

本のソムリエさんの評価の高かった本で、
購入し読んだ。

古い本とはいえ、作者のぶれない方向性を
分かりやすく部下に諭す所に感動した本だ。

会社を経営する上で、
知っておかないといけないといけない事柄が
多い内容だった。

昔も今もそれほど基本的な会社運営方法は
変わっていないと思う。

題名通り、財務を制するものは企業を制すである。


同じカテゴリーの書籍: