本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「日本人・中国人・韓国人―新東洋三国比較文化論」金文学

(2006年6月27日)|

日本人・中国人・韓国人―新東洋三国比較文化論

【私の評価】★★★☆☆(75点)


●「日本人 中国人 韓国人」を
 比較、論評した一冊です。


 中国生まれの朝鮮族であり、日本在住であるからこそ、
 本当の「日本人 中国人 韓国人」
 を表現できるのでしょう。


 歴史、文学、ジョークなどを織り交ぜて、
 第三者的視点で軽妙に読ませるところは、
 さすが金文学さんです。


●「日本人 中国人 韓国人」には
 それぞれ特徴があります。

 
 その民族性は、ある面から見れば、良い点にもなり、
 また違う角度から見れば悪い点にもなるのです。


 ・日本の官公庁では知り合いだからとか友達だからといって、
  他人よりもっと早く手続きを済ませてくれたり、
  書類不備でも
  大目に見てくれるようなことはほとんどない。(p222)


●私にも、韓国人、中国人の友人がいますが、
 いずれも愛すべき好人物です。


 そうした友人との会話の中で、
 話題と笑い話のネタとして
 活用できる一冊だと思いました。


 ★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・日本人のアルバイト学生は最後の最後まで
  きっちりと真面目に働いていた。・・・
  ところがわれわれ中国人留学生は
  「日本人はほんとに馬鹿だなあ。・・・
  ゆっくりとさぼりながらやればいい
  ものを
・・・」などといって、
  浅知恵を絞って手抜きばかりしていた(p202)


 ・「立ち上がれ奴隷になりたくない人々よ、
  血と肉で作られた良き国、
  われらに危機が迫った。
  いまこそ戦うときがきた。
  立ち上がれ、立ち上がれ、立ち上がれ!
  民衆の心を一つにして敵を倒そう!
  前進、敵に向かって、前進、前進、前進!」
  これは言うまでもなく中国の国歌である。
  最近になって・・・歌詞を「奴隷」から
  「中華民族」に・・・改詞した。(p240)


 ・中国では魯迅が表現したように、
  水に溺れた犬であっても
  強く鞭打つ性向があり、数千年前に
  死んだ人までをも攻撃・批判して、
  理由さえあればその墓を掘り返し
  死体を暴いて鞭打つという
  過激な行動すら躊躇しない。(p129)


▼引用は、この本からです。

日本人・中国人・韓国人―新東洋三国比較文化論
日本人・中国人・韓国人―新東洋三国比較文化論
posted with Amazonアソシエイト at 17.04.30
金 文学
白帝社
売り上げランキング: 536,691

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■著者紹介・・・金文学

 1962年生まれ。中国の瀋陽で朝鮮族3世として生まれる。
 85年東北師範大学日本文学科卒業。遼寧教育大学講師を経て、
 91年来日。同志社大学院で学ぶ。94年から同志社大学客員研究員。
 01年広島大学大学院博士課程修了。現在呉大学社会情報学部講師。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: