「これであなたも中国通」邱 永漢

|

これであなたも中国通

【私の評価】★★★☆☆(75点)


●私は中国の西、カザフスタンに駐在していることもあり、
 カザフスタン人同様、
 中国について興味を持っています。


 中国を知るために、最も効率的なのは
 自分で中国に足を延ばすことでしょうが、
 それができないのであれば、
 本でも読むしかありません。


 ・本にサインをして人に贈る時に、
 「中国の過去を知りたかったら西安へ、
  未来を知りたかったら上海へ、
  官僚制度の効率の悪さを知りたかったら
  北京へ」と書いてさしあげることにしている。(p82)


●そうした本による情報のなかでも、私が信頼するのは、
 現地で実際に商売をしている人のものです。


 そういう意味で、中国を飛び回る邱 永漢さんの
 中国を見る目は第一級のものでしょう。


 中国を過大視するわけでも、
 過小評価するわけでもなく、
 あそこに行ったらこうでした。


 これをしてみたら、
 こんな目に合いました。


 こんなことをやっている人がいますと、
 具体的です。


 ・ご馳走か、お金で片づかないことはほとんどない。・・・
  中国の悪弊だと言えば確かにその通りだが、
  袖の下がきくおかげで世の中がうまくおさま
  っている面もあるのである。(p90)


●中国に行く前に、邱 永漢さんの中国本を
 一式読んでしまうのがお勧めです。


 中国を知るための良書ということで、
 ★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・中国政府は世界中で最も金持ちの政府の一つであろう。
  あの広大な土地がすべて政府のもの・・・
  私たち外国からの進出企業は、
  上海や北京でビルを建てる場合でも、
  政府の土地を借りて・・・何百万ドルという代金を
  現実に支払っているのだから(p161)


 ・私はどこに行っても、先ず頭に浮かべるのはその土地の食べ物のことで
  ある。料理が美味しければ、文化水準の高い国だと思っている(p24)


 ・中国人は・・明らかに損になる商談でも
  その場ですぐに断らずに、一応引き受けて
  それから何とか損にならない方法はないかと思案する。
  その場で断ってしまったら、折角つないだ関係が
  途切れてしまうことをおそれるからである・・
  日本から冷凍海老の注文を受けた。
  どう考えても逆ザヤになる・・・
  冷凍するにあたって、・・
  氷の量をふやしたのである。(p59)


これであなたも中国通
邱 永漢
光文社
売り上げランキング: 394700
おすすめ度の平均: 4.5
4 近くてまだ遠い隣人
5 「公平かつ冷静な中国人理解」の決定版

【私の評価】★★★☆☆(75点)




●著者紹介・・・邱 永漢(一日一冊の殿堂入り作家・実業家)

 1924年生まれ。東京大学経済学部卒業。
 台湾より香港へ亡命し、直木賞受賞作家となる。
 その後、株の神様、お金の神様といわれながら、
 事業活動を行い、現在も年間120回飛行機に乗って、
 東京、台北、上海を飛び回る。
 著作は約400冊にのぼる。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)