「成功の教科書 熱血!原田塾のすべて」原田 隆史

| コメント(0) |

成功の教科書 熱血!原田塾のすべて

(評価:★★★☆☆)


●公立中学校からスポーツで日本一となるというのは、
 普通ありえないでしょう。


 しかし、それを達成した人がいます。
 そして、その人は「成功は技術」と言い切っています。


 ・成功が才能や素質で決まるものだとしたら、
  スポーツの推薦制度のない公立中学校から
  次々に日本一が出るわけがありません。
  しかも生徒たちが"予告優勝"するわけですから、
  運や偶然の結果でもありません。
  答えは簡単です。成功は「技術」なのです。(p9)


●この本は、日本一の選手を作り出した手法を
 一冊にまとめたものですが、


 前著の「カリスマ体育教師の常勝教育」と
 ほぼ同じ内容となっています。


 内容がより体系的になっているという印象でした。


●「カリスマ・・・」を読んで私も長期目標設定用紙を作ってみましたが、
 私の場合はフランクリン・システム手帳での目標設定のほうが
 性に合っているようで、今は使っていません。


 著者も、この本に書かれた内容を指導者なしで
 継続していくのは難しいとわかったのか、
 携帯を利用した
 「目標達成サポートシステム」(年5500円)を
 開発しています。


 携帯に自分の設定した目標が
 メールされてくるという仕組みです。


●いずれにしろ、自分の目標を考える時間を持つ、
 徹底的に目標を深層心理に着き込むということでは、
 どの成功本も似たようなものです。


 色々試してみて
 自分が継続できるものをやっていくのが
 いいのではないでしょうか。


 ・生徒たちにまず「日本一になる」と決めさせ、
  そのために必要なことを考え、とにかくやり切る

  やらせ切るとう指導をしました。
  その結果、3年目からは日本一の選手が
  次々に生まれるようになりました。(p18)


●細かい技術で、参考になったものがありましたので、
 星3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・小さな成功を積み重ねることで、
  「成功の技術」がだんだんに身についてくると、
  人生が楽しくなってきます。成功は、
  充実感、達成感、満足感を生みます。(p21)


 ・〔予想される問題点〕の洗い出しが終わったら、
  それぞれの問題にについて、その答えである〔解決策〕も
  あわせて見つけておきます。
  〔過去の分析〕の結果をもとに
  危機管理をしておくわけです。(p99)


 ・元気が出る動作・言葉を決める(p147)


 ・最も大切なのは心を満たす無形の目標
  =人格目標・道徳目標(p155)


成功の教科書 熱血!原田塾のすべて
原田 隆史
小学館
売り上げランキング: 6813

(評価:★★★☆☆)



■関連DVD■

DVD仕事と思うな、人生と思え」原田 隆史
【私の評価】★★★★★


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)