本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「騙してもまだまだ騙せる日本人―君は中国人を知らなさすぎる」邱 永漢

(2005年1月31日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

騙してもまだまだ騙せる日本人―君は中国人を知らなさすぎる (知恵の森文庫)


【私の評価】★★★★☆(82点)


●日中の輸出入貿易額(香港を含む)が、
 日米貿易額を抜いたといいます。


 政治はともかく、経済では日中は
 より密接になってきています。


・一般に中国人は上から下まで自己中心に徹していて、自分や自分の家族のためにしか物を考えない習慣が強い。(p89)


●しかし、現実には、中国に進出して、
 うまくいっている企業もあれば、
 うまくいっていない企業もあるようです。


・信賞必罰のシステムが規律を効率を生む(p105)


●うまくいっていない企業でも、
 事前にもっと中国というものを研究していれば、
 失敗を小さくできたり、
 事業の失敗を防げたかもしれません。


・通常の取引は「人を見たら泥棒と思え」というのが真相に近い(p155)


●「郷に入れば、郷に従え」で
 中国人というものを知る努力をする必要が
 あるのでしょう。


・中国では何をやるのにも、どこの部門にもそうしたロビーストがいるものである。自分でやると二ヵ月かかってもできないことが、そいつにかかると一週間でできてしまう(p242)


●台湾で子どもの頃から、日本人と中国人を見てきた
 邱 永漢だからこそ書ける一冊であり、
 いつになく力が入っている一冊でした。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・フランスやアメリカとの外交交渉ではちゃんと常識的な対応をする中国人が、日本を相手にする場合に限って居丈高になるのは、相手のご機嫌をうかがうようなところが見え見えになっている日本の態度から来るものであろう。(p72)


・台湾のような近代工業の発達したところでも、自動車メーカーや電機メーカーの仕入れ担当を三年もやれば、蔵が建つと言われている(p247)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★☆(82点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: