本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「デフレに強い知的金銭生活」邱永漢

2002/07/26本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


内容と感想

●バブルまではインフレで
 借金をした人がインフレで
 借金を棒引きしてしまうような
 経済状態でした。


 ところがバブルが崩壊してみると、
 土地も株も値下がりし、銀行は金を
 貸さないし、中国からの安い商品が流入し、
 日本はひどいデフレとなってしまいました。


●デフレの世の中はインフレと
 正反対です。金利も低いし
 倒産する会社も増えます。


 ではお金をどうするかというと
 やはり分散するしかない。
 グローバルの時代は、
 世界で分散させることも
 考えなくてはならないのでしょう。


この本で私が共感した名言

・長い間の習慣でつい貯金するのが当たり前になっているが、この際、少なくとも貯金をふやすことはやめてお金を減らす修行を積むのではどうだろうかと自分に言い聞かせている(p63)


・私は働きながら遊び、稼ぎながら使うのが人生だと思っている・・・死ぬまでに自分の全財産の大半を少なくとも課税対象になる分がなくなるまで、どうやって使い果たすかが残された新しい課題なのである(p64)


・毎月、使えるお金で百万円あれば、あとはいくらあっても皆同じです・・・クラウンやセドリックがベンツの600とかロールス・ロイスにかわるくらいのことで、道路を走るスピードも到着する時間も十分間とは違ったりはしない(p90)


・金融機関に預けておけば安心と思っていた人も、銀行や保険会社にバタバタ倒産されてみると、自分の預金している銀行ははたして大丈夫だろうかと不安になってくる・・・お金を一つ所に集中することはやめて危険分散することになる・・・いまは土地、株、現金といった三分法のほかに、多国籍にまたがって投資を分散する方法もある(p153)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png



無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: