タグ「90点」が付けられているもの

    「成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集」矢沢 永吉

    (私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)90点 ●1時間あまりのフライトで読み切りました。  食事を食べられませんでした。  食事を食べるより、この本を読み続けたかった。  隣の通訳に涙を見られないように読みました。  矢沢永吉というと、  暴走族ご用達というイメージでしたが、  そんなもんじゃない。ぶっとびました。  成功法則なんて甘...

    「コミュニケーションのための催眠誘導」石井裕之

    (私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)90点 ●松下幸之助は「人情の機微がわかれば天下でもとれる」  と言い切りましたが、この本は、人情の機微、  つまり心理誘導の技術を教えてくれる一冊です。  しかし、この本の心理誘導の技術は  単なるテクニックではありません。  人間の本質をとらえたもので、  そこら辺の心理学の本とは全く違います...

    「梅干と日本刀」樋口 清之

    (私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)90点 ●日本の良さ、日本人の特徴、  日本人の気質を、考古学の権威(故人)  である著者が、教えてくれる一冊です。  ・村八分という文字の示すとおり、この断絶は、   "八分"であって・・・八分は断絶するが、   二分の交際は残すという意味なのだ。   その二分は "葬式"と"火事"である。  ...

    「説得の科学―何が人の心を動かすのか」安本 美典

    (評価:★★★★★)90点 ●世の中には、「悪は栄える」  「イヤなやつほど出世する」ということが  よくあります。  例えば、ひどくいい加減な人間でも  ヒモとして女性に貢がせることが  うまい人がいるかと思えば、  人間的にまじめでも女性の前にくると  モジモジしてうまくいかない人もいるでしょう。 ●どうして、こういうことがあるのかというと、  ヒモは...

    「逆転バカ社長」栢野 克己

    (評価:★★★★★)90点 ●疲れる本です。それも良い意味で。私が読むのに1週間かかりました。 ●栢野さんが「九州ベンチャー大学」で知り合った24名の社長の人生を  書き綴ったものですが、一人ひとりの物語に波乱万丈があり、読んでいて  疲れます。考えさせられます。  ・自動車会社の次期社長の座を捨て、たこ焼き屋をやるという夫に   「それはいいわよ。ぜひや...

    「運を掴む―弱小の会社を世界一にした男の物語」横内 祐一郎

    (評価:★★★★★)90点 ●私が本を評価する基準は、やはり得られる知恵、  著者の経験、そして分かりやすさを大切にしています。  著者がどのようにしてその知恵を得たのか、  どういう過程を経て現在にいたっているかという  経験を知ってはじめて、著者の知恵が  すっと心の中に入ってくるのです。 ●そういう意味でこの本は最高の一冊でしょう。  著者がどのよう...

    「夜回り先生と夜眠れない子どもたち」水谷修

    (評価:★★★★★)90点 ●水谷修さんの本を読むと  ボロボロと泣いてしまいます。  テレビにも出ていたので、  夜の街をパトロールする  「夜回り先生」として  知っている人もいるでしょう。  ・夜回り・・・目的はふたつある。   ひとつは薬物の売人や、風俗のスカウトが   子どもたちに近づかないように注意すること。   もうひとつは、より多くの子ども...

    「福の神になった少年―仙台四郎の物語」丘修三

    (評価:★★★★★)90点 ●仙台の町を歩いていると、  だいたいの商店には少年の写真が飾ってあります。  そのニターッと笑った粗末な少年が仙台四郎です。 ●四郎は、明治初期に仙台の町に生きた実在の人物です。  単に知恵の遅れた子どもだったようで、  四郎バカ、しろばかと呼ばれていました。 ●しかし、知恵遅れの四郎の周りに  不思議なことが起こります。  ...

    「生きてこそ―もう一度、"幸"つかむまで」野口誠一

    (評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)90点 ●10年以上続く会社は5%くらいだそうです。  つまり、95%は10年以内に  整理されてしまうわけです。  その95%の社長は債権者からの罵倒、  世間の冷たい目という苦しい経験から、  「自殺」という形で逃げることがあるのです。  ・この人は、いい夫、いい父という見栄を保つために、   ...

    「お金と英語の非常識な関係(上)」神田昌典

    (評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)90点 ●ビジネスにはいろいろなやり方があると思いますが、  はじめから自分で発明するということは  不可能だと思います。  アイデアひとつにしても、  それが本当にうまく機能するかは  実験しなくてはわかりません。  したがって、もし欧米で成功している  ビジネスのやり方を学ぶことができれば、  か...

    「無一文からお金を生み出す方法」原崎裕三

    (評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)90点 ●まず、著者の年表に度肝を抜かれました。  貧乏→努力→成功→うぬぼれ→落とし穴→発見、  と苦労していますね。 ●そして、最後に著者が得た  人生で大切なものとは・・・・・  自分自身だったのです。  ・そうなのだ!すべては   自分に自信を持つことから   はじまるのだ!(p56) ●自...

    「考える力やり抜く力私の方法」中村修二

    (私の評価:★★★★★)90点 ●世紀の大発明とされる青色ダイオードを作った  中村修二さんの自叙伝です。  会社では上司から邪魔される。  留学しては論文を書いていないので相手にされない。  すごい壁を突破して青色ダイオードが  開発されたことがわかります。 ●この本を読んで、大きな成功を達成する人の  共通点を見つけました。  それはまず、とんでもない...

    「道路の権力」猪瀬直樹

    【私の評価】★★★★★(90点) ●面白過ぎる。  道路関係四公団民営化推進委員会を舞台に  繰り広げられる役人と政治の世界。  こんな仕組みで国の税金が使われていく。  この無駄遣いと無責任さをトヨタの人が見たら、  血の涙を流すだろう。 ●危機感とは潰れそうにならないと生まれない。  トヨタ、ホンダでさえ倒産の淵に立ったことがある。  では、日本国が破...

    「現代の帝王学」伊藤肇

    【私の評価】★★★★★(90点) 「原理原則を教えてもらう師をもつこと」 「直言してくれる側近をもつこと」 「よき幕賓をもつこと」 ●これらは、伊藤さんが考える  帝王学の三つの柱です。  いずれも、人との出会いに  関係しています。 ●多くの箴言と、具体的なエピソードを織り交ぜ、  結局は人間、人との出会いが大切なのだと  教えてくれる一冊です。 現代の...

    「望めば、叶う」ルー・タイス

    尊敬していたひとたちの影響、 とくに子供時代のわたしを心にかけて、 信じてくれたひとたちの影響がなかったら、 今日のわたしがあったかどうかわからない。 ●久しぶりに良い本にであいました。  昔、スポーツ選手のイメージトレーニングが  話題になったことがありましたが、  イメージトレーニングのもとは  ルー・タイスなのかもしれません。 ●人には快適ゾーンがあ...

    「日本国の研究」猪瀬 直樹

    【私の評価】★★★★★(90点) 財投の大きな性格は、巨大なる社会主義金融である。 第二の予算として年間五十兆円近くが運用され、過去の累積を 含めると四百五十兆円にもなる。 これだけの巨額の資金が金融手段として使われている 先進国はどこにもない。国家が二つの財政を持つこと、 四百兆円もの巨大な社会主義金融を行うことを、即刻、 この制度は整理されなければなら...

  1 2 3 4 5 6 7 8

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)