タグ「97点」が付けられているもの

    「ソバニイルヨ」喜多川 泰

    【私の評価】★★★★★(97点) ■主人公は反抗期の中学生です。  主人公の父は人工知能の研究者で、  一人で閉じこもって研究をしているため  主人公は、友だちから  変人の息子といじめられる。  反抗期の特徴なのでしょうが、  他人のいじめが悪いのに、  原因は父にあると  イライラするのです。  父は  「他人の言うことなど気にするな」  と言いますが...

    「【小さな会社】 ネット通販 億超えのルール」西村 公児

    【私の評価】★★★★★(97点) ■すべての業界に通用する  お客さまに愛される通販の極意です。  通販は何度もリピートしてもらうことで  利益が出るビジネスです。  そのためには、お客さまに  会社のビジョンに共感してもらい、  末永くお付き合いしていただく  必要があります。  そのために必要なのが、  共感を呼ぶストーリーであり、  ストーリーに支え...

    「秘密結社Ladybirdと僕の6日間」喜多川 泰

    【私の評価】★★★★★(97点) ■才能はあるのに、  努力ができない主人公は、  日射病で倒れます。  そして偶然、彼を助けたのは、  「秘密結社Ladybird」。  彼は「秘密結社Ladybird」  から成功の秘訣を  教えられることになりました。  なぜ、彼は支援を  受けることになったのでしょうか。 ・もう逃げないって決めろ。お前は、  無意識...

    「伝説の通販バイブル」西村 公児

    【私の評価】★★★★★(97点) ■ちょうどネット通販の販促について、  相談を受けていたところ  手にした一冊です。  通販ビジネスで大切なのは、  集客する前に成約率の高い商品と  ランディングページ、そして  顧客フォローの仕組みができていること。  つまり、新規顧客をファンにし、  リピートしてもらう仕組みを  完成させておく必要があります。  な...

    「ザ・ラストマン」川村 隆

    【私の評価】★★★★★(97点) ■2008年に8000億円もの赤字を出した  日立製作所の社長として  5年間指揮を取った川村さんの一冊。  表面的に見てみると川村さんの打ち手は、  カンパニー制の導入。  グループ会社すべてで役割グレード給に統一。  テレビ、HDD、電力事業の整理。  非常に大胆な決断をしているだけに  大きな障害や葛藤、そして批判が...

    「繁盛治療院のしくみ 214の絶対法則」花谷 博幸

    【私の評価】★★★★★(97点) ■接骨院やマッサージなどの治療院の  経営のコツです。  この業界は設備投資が小さく、  利益率も高いので、新規参入が増え、  競争が激しくなっています。  著者も最初は、貧乏な生活を送ったそうで、  治療技術が高ければ、  繁盛するというわけではないのです。 ・私は治療院を開業して7年間、繁盛できませんでした。  繁盛で...

    「シリコンバレーの交渉術」オーレン・クラフ

    「シリコンバレーの交渉術」オーレン・クラフ、ダイレクト出版 【私の評価】★★★★★(97点) ■交渉術の本で、度肝を抜かれるとは  思いませんでした。  フレームという形で、  主導権を持ちながら交渉する技術を  わかりやすく教えてくれる一冊です。  ここでいう「フレーム」とは、  お互いの「立場」とか「相対関係」の  ようなものでしょうか。  つまり、...

    「お父さんから愛するキミに贈る本」白坂 慎太郎

    【私の評価】★★★★★(97点) ■進学塾講師として成果をだしながらも、  離婚を体験。  悩みながら自己啓発を究め、  学習塾を創業。  現在は、コーチングで自立人材を  育成している著者が"わが子"に語る半生です。 ・キミが依存から自立に至るために  最も大切な考え方は、  「何でもキミの好きなように生きればいい」  ということです(p21) ■"わが...

    「人間はなぜ戦争をするのか」日下 公人

    【私の評価】★★★★★(97点) ■憲法改正議論が話題になっていますが、  「戦争」についてまじめに考える本をご紹介します。  日本は「戦争」についての知識がないだけではなく、  間違った通説がまかりとおっている、  というのが著者の考えです。  なぜ、「戦争反対!」と叫んでいる人が、  自衛隊反対、軍備強化反対なのか。  アメリカは尖閣問題を安定化させる...

    「幸せな売場のつくり方」兼重 日奈子

    【私の評価】★★★★★(97点) ■久しぶりの「衝撃の一冊」でした。  アパレルショップの店長 佐々木ユーコが、  謎の販売指導のコンサルタントとの出会いで  成長していく物語です。  コンサルタント(著者)の指導がうまいこともありますが、  あまりに実際にありそうで、吸い込まれるように読んでいました。  (実話なので当たり前か・・・) ■佐々木ユーコの職...

    「本気の教育でなければ子どもは変わらない」原田 隆史

    【私の評価】★★★★★(97点) ■原田先生の最も初期の著作です。  それだけに、原田先生の試行錯誤、苦労の軌跡が  しっかりと書いてある一冊でした。  原田先生の人生は、  常に自らの退路を断った「決断」によって  大きく前進しています。 ■まず、最初に赴任した中学校で、  家庭内暴力に悩んだ親が子どもを殺害する、  同僚が木刀で殴られる、  生徒を抑え...

    「客家大富豪18の金言」甘粕 正

    【私の評価】★★★★★(97点) ■海外でビジネスを起業し、  行きづまった一人の青年が、  大富豪の老人に出会う。 、  客家の知恵を授かることで、  新たな成功の道を歩みはじめる  というストーリーです。  フィクションと思って読んでいきましたが、  後半、著者の体験談とわかり  ビックリしました。 ■青年がまず、老人から学ぶのは、  すべては自分が招...

    「夢をかなえるゾウ」水野 敬也

    【私の評価】★★★★★(97点) ■こんな本を待っていた!  夢をなくしたサラリーマンが、  関西弁のゾウと出会い、  成功法則を学んでいきます。  「笑いが大切」とゾウが教えてくれるのですが、  この本自体が笑えます。  ・「笑わせる、いうんは、『空気を作る』っちゅうことなんや。   場の空気が沈んでいたり暗かったりしても、   その空気を変えられるだけ...

    「君と会えたから・・・」喜多川 泰

    【私の評価】★★★★★(97点) ●夏の日に、一人の高校生コウスケが、  一冊の本をきっかけに  一人の彼女と知り合います。  彼女といっしょの時間を持ちながら、  コウスケは人生で大切なことを  彼女から教えてもらいます。  ・「ヨウスケ君、ゲームやろうよ」   「ゲーム?」・・・   「これからこの紙に、自分が行ってみたいところとか、できる    よう...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)