「人間の真実はパスカル『パンセ』に存在する」渡部 昇一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の真実はパスカル『パンセ』に存在する

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■「パンセ」とは、
 ブレーズ・パスカルのメモを
 友人たちがまとめた一冊です。


 パスカルで有名なのは

 「人間は一本の葦にすぎない・・
 しかし、それは考える葦である。」

 でしょう。


 最近ではAI(人口知能)が
 研究されていますが、
 人間の感情までは再現できません。


・人間の偉大さはどこにあるか・・
 それは・・「認識」と「思考」が
 できることです(p53)


■パスカルは科学よりも、
 人間というものを
 研究しなくてはならないと
 考えていたようです。


 人間とは何なのか。
 思考はどう作られるのか。
 神はいるのか。


 つまり、もっと人間を研究し、
 学校でも人間というものを
 教えなくてはならないということです。


・「なぜ、人間(自分)を
  知ろうとする人が少ないのか」
 というパスカルの嘆き・・(p19)


■パスカルのことが
 少しわかったように思います。


 同時にキリスト教の知識が
 不足していることも
 よくわかりました。


 西欧人は宗教さえも
 ロジックで組み上げ、
 議論するのですね。


 渡部さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・教会に来る多くの人は教会によく通い、
 多くの信心行為つまり善行をやれば
 救いになると思っているが
 そんなことはないとヤンセンは言う。
 神の愛がその人の心にあることが
 救いになる
のであると説く(p7)


・人々は真人間になる道は教えられないで、
 その他のことはすべて教えこまれる(p24)


・神はあるという表のほうを取って、
 損得をはかってみよう。・・
 もし勝ったら、きみはすべてをえるのだ。
 負けても、何もうしないはしない(p78)


・神は、「神の存在」を二つのかたちで
 私たちにしめしている・・
 ひとつは「バイブル(聖書)」での直接掲示・・
 もうひとつが「自然」による間接掲示です(p101)


・デカルトは・・
 「神は天地創造をしたところで役目を終え、
 あとは自然にまかせたのだ」と
 結論づけたのです・・
 パスカルは、このデカルトの身勝手な思想が
 許せなかったのでしょう。
 なぜなら、神より自らの理性を
 優先させているからです(p106)


・力のない正義は無効であり、
 正義のない力は圧政である。
 力のない正義は反抗をまねく・・
 人は正しいものを強くすることが
 できなかったので、強いものを
 正しいとしたのである(p133)


人間の真実はパスカル『パンセ』に存在する
渡部 昇一
佼成出版社
売り上げランキング: 654,486

【私の評価】★★★☆☆(74点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

【第1章】人間とは何か
【第2章】神の存在を信じること
【第3章】哲学する心
【第4章】人生の幸福とは何か
【ブレーズ・パスカル年譜】



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)