本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「人の上に立つ人」になれ―自分の「生き筋」が見える人は強い!」渡部 昇一

2009/09/08本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(75点)


内容と感想

■歴史にみるリーダーの資質を
 検討する一冊です。


 やはり時代には流れというものが
 あるようです。


 明治維新の時代に、
 西欧諸国との接触がはじまったように、
 現在は、グローバル化という形で
 世界で各国がつながろうとしている
 ということなのでしょう。


・明治維新とやや似かよった状況が、グローバル化という形で起こると考えればいい・・・世界のマーケットが単一であろうとしている時、日本だけが従来の殻に閉じこもっているわけにはいかないのだ(p48)


■そうした革新の社会で
 生き残っていくためには、
 先の見えるリーダーが必要になります。


 そして、実際に組織を引っ張っていく
 腕力も必要となります。


 そうしたリーダーを作ることはこの本には
 書いてありませんが、そうした素質を持った人を
 リーダーとする仕組みが必要なのでしょう。


・生き筋の見える人とは、部下たちには見えない引っ張るべき糸が見えている人である。そしてまた、それを実行に移す度胸も兼ね備えている人である。(p13)


■いつもの渡部節炸裂の一冊でした。
 見えている人には、見えている。


 歴史に学び、海外に学び、
 未来を考えるのです。


 本の評価としては、★3つとします。


この本で私が共感した名言

・小言はいうべし、酒は買うべし(p82)


・最重要情報は"大金持ちルート"で流れる(p196)
 

・中曽根康弘氏がかつて首相であった頃、靖国神社への参拝を中国側に遠慮して取り止めたことがあった。・・・外国から宗教に干渉されて首相が行事を取り止めるなど、日本以外の国では信じ難いことだ。(p209)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(75点)



著者紹介

渡部 昇一(わたなべ しょういち)・・・1930年生まれ。大学卒業後、ドイツ、英国に留学。上智大学講師、助教授、教授を歴任して退職。名誉教授。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: