「生き方のセオリー」藤尾秀昭

| このエントリーをはてなブックマークに追加

生き方のセオリー

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■生き方を考える月刊誌「致知」の
 社長藤尾さんが伝える
 一流・プロの考え方です。


 一流とは
 一つの道を極めた人。


 人生の中で
 何か一つ成し遂げた人には
 覚悟があります。


 山を越え、谷を越え、
 あきらめずに道を進むには
 終わりのないような
 積み重ねが必要なのですね。


教育とは流水に文字を書くような
 果てない業である

 だがそれを巌壁に刻むような
 真剣さで取り組まねばならぬ
 森信三(p106)


■何かをなそうと考えると、
 自然と必要なものが
 見えてきます。


 まず、最初に必要なのは
 何か一つ人の役立つことを
 してみようと"思う"ことだと
 思いました。


 藤尾さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・教えてくれなきゃできないって
 言ってる人間には、
 教えたってできない
 一龍斎貞水(p28)


・知識に熱意を掛け算する。
 そして経験をプラスする、
 そこに知恵が生まれる
 松下幸之助(p23)


・多くの人は誕生日は
 祝ってもらう日と思っています。
 しかし、あなたが生まれたその日は
 母が何時間もの陣痛に苦しみ、
 あなたを産むべく、生死をかけて
 戦った日だということを
 忘れてはならない・・(p105)


生き方のセオリー
生き方のセオリー
posted with amazlet at 16.11.22
藤尾秀昭
致知出版社 (2016-10-26)
売り上げランキング: 1,691

【私の評価】★★★☆☆(78点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第一章 言葉とともに生きる
第二章 運命を好転させるもの
第三章 忘れ得ぬ人との出逢い
第四章 学びが人間を創る




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)