「一路(上・下)」浅田次郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

一路(上) (中公文庫) 一路(下) (中公文庫)

【私の評価】★★★★★(90点)


■江戸末期、実家の火事で父を亡くし、
 父の跡を継いで江戸への参勤交代を
 指揮することとなった一路さんの物語です。


 実家の出火は家の断絶にも相当する過失。
 もしも参勤交代で不手際があれば
 お家断絶、と追い詰められます。


 一路は突然の訃報で引継ぎもない中、
 家宝の古い参勤交代のマニュアルをもとに
 参勤道中を行うことにしました。


 古式にのっとった参勤交代は、
 ゆったりした道中ではなく
 戦へ行軍するようなものでした。


・御殿様はふと考えた。
 二百数十年の時の間に、
 おろそかにしてはならぬものばかりが消え、
 どうでもよいことばかりが
 残っておるのではあるまいか、と(上p125)


■12月の中山道は雪や山越えあり、
 御姫様との出会いがあり、
 御殿様の後見人の陰謀あり。


 もともと実家の火事も
 お家を乗っ取りを謀る勢力の
 陰謀だったのです。


 そうした陰謀を知ってか
 80名の家来は一路の指揮のもとに
 まとまって行軍していくのでした。


・家来の働きぶりについて軽々に
 評価をしてはならぬ。
 声にして褒めれば権威となり、
 貶めれば必ず罰が下される。
 御殿様の発言とは
 そうしたものであった(下p12)


■浅田次郎さんらしく
 ユーモアあふれ笑える一冊でした。


 映画やテレビにぴったりだなあと
 思っていたらドラマ化されて
 いるようですね。


 浅田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・殿様というはあらかたか馬鹿なのである。
 馬鹿ゆえの殿様なのか、殿様ゆえの馬鹿なのかは
 わからぬが、その中にあっておのれは、
 相当にマシなほうであろうと常々思っていた。
 しかし、馬鹿と較べてばかりいたのでは、
 おのれが馬鹿かどうかはわからぬ(上p136)


・早い話が、殿様は木偶(でく)に近いほど
 名君と呼ばれる
のである。
 政(まつりこと)に口を出すなどもってのほか、
 家来たちの批評はむろんのこと、
 正室側室の好みですら
 声にしてはならなかった(上p144)


・中山道はあらかた山間の道中にもかかわらず、
 あんがいなことに六十九次のうち湯宿は、
 この下諏訪ひとつきりであった(上p322)


・今もことあるごとに考える。
 父上ならばどうなさってであろう
 と(下p7)


一路(上) (中公文庫)
浅田 次郎
中央公論新社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 11,625

一路(下) (中公文庫)
浅田 次郎
中央公論新社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 14,377

【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む