「Jimmy」明石家 さんま

|

Jimmy (文春文庫)

【私の評価】★★★★★(95点)


■ジミー(Jimmy)大西のジミーは
 大西がゴリラに似ていたから
 付けた芸名だという。


 犬はポチ、猫はタマ、で
 ゴリラはジミー。
 外人?ハーフでっか?


 この本ではさんまとジミー大西の
 出会いから、芸人としてのジミー、
 画家としてのジミーが生まれた
 経緯が書かれています。


・「笑いは振りとオチ、緊張の緩和や」
 「き、金魚のカンチョウ?」
 大西はたどたどしい口調で、
 聞こえたままに繰り返す・・・
 「・・金魚に浣腸しても入らへんやんか。
 動くし、さしにくいやろ?」・・
 さんまがツッコむ(p26)


■ジミー大西は小学校2年生まで
 話せなかったくらい知恵の
 遅れた人間であった。
 いじめられ、殴られ、
 金を巻き上げられた。


 社会人になってもジミーは、
 ろくに意思疎通ができない。
 「大西くん、好き」というと
 愛していると勘違いして
 ズボンを下げる。


 車を運転中に居眠りしたり、
 停車中の車の後ろで
 「渋滞してます」と言ったり
 占い師に騙されたり。


 でも、そんなジミー大西を
 クビにしようとする吉本興行に対し、
 「イタいやつと天才は紙一重や」と
 守ってくれたのはさんまさんなのです。


・「イタいやつと天才は紙一重や」
 「オクレ兄さんの言うとおりや。
 日比やんは知らんやろうけど、
 昔からの楽屋思い出してみると
 けったいな人がゴロゴロおったんや(p75)


■ジミー大西を芸人として、
 画家として生き残りました。
 それを支えたさんまさんが
 素晴らしい。


 全てを笑いに変え、
 笑いが人を救うんだなと
 思いました。


 痛快!涙!笑い!
 最高の一冊でした。


 さんまさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「笑えんことなんてな、この世にいくらでも
 あんねん!けどな、それを全部おもろいって
 なって笑ったら、笑ったもんの勝ちになるんや!
 そういう風にできてんねん!
 笑ってみい!」(p67)


・「俺はまだ半人前や。弟子とれるような
 そんな立派な人間やない・・」
 「さんまさんに半人前言われたら、
 若手はどうしたら」
 「頑張ったらええねん。好きやったら、
 頑張れるで、自然と。ちゃうか、
 日比やん」(p128)


・人間はな、好きなことせな、
 進歩出来へんのや・・
 好きなことしてる時は、自分が
 努力してるなんて意識ないやろ?・・
 そもそも俺(さんま)は
 努力いう言葉、大嫌いやねん(p269)


・よう考えてみてください。吉本いうところは、
 昔からそんな人間ばっかりでっせ・・・」
 さんまの言葉が次第に熱を帯びていく・・
 品行方正な立派な社会人いてますか?
 俺もそうやけど、百歩譲って、ギリギリ
 社会生活が送れてる奇人変人ばかりでっせ。
 せやからおもろいんとちがいますか。
 そうした人間がまともなふりして
 生きているのが芸人の世界や、
 思うてます(p206)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


Jimmy (文春文庫)
Jimmy (文春文庫)
posted with amazlet at 19.07.18
明石家 さんま
文藝春秋 (2017-06-08)
売り上げランキング: 22,399

【私の評価】★★★★★(95点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)