「日本人のまっかなホント」ジョナサン ライス、浜 矩子、嘉治 佐保子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人のまっかなホント

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■日本の本質を笑うという一冊です。


 ところが、私は日本人なので、
 あまり笑えません。


 著者のライスさんは
 笑ったのでしょうけれど。


・物腰、外見は控えめでも、
 日本人はじつは誇り高い。・・・
 「能ある鷹は爪を隠す」という諺を
 地でいく人間だ(p7)


■日本人は日本の中で独自の進化を
 してきました。


 そのため、
 日本人にとっては当たり前でも、
 外に出れば非常識ということも多いのです。


 他人を信用する

 大震災でも暴動にならない。

 信義のためなら、勝てない戦争でもする。


 外国の人にとっては、 
 「へー」っと感じると思いますよ。


・日本人はまた、とてもだまされやすい
 他人を無条件に信頼するなんて、
 ほかのほとんどの国ではとっくの昔から
 ありえないことだ(p80)


■アメリカ人は、アメリカのことしか知らない
 といわれますが、
 日本人も、日本のことしか知らない
 のかもしれません。


 国境があるようでない時代ですので、
 せめて外国の人がどう考えているのか、
 よく研究する必要があると思いました。


 ライスさん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本人は"つまらない"ものを贈り合う。・・・
 発言するときには「愚見ですか」と断りを入れ、
 だれかの助けになってやるときには、
 きまって「微力ながら」と前置きを言う(p27)


・日本の社会では成功するには、
 この根回しに精通していなければならない(p12)


・日本人は、いったん酒が入れば、
 どんな破廉恥な行為も受け入れる。・・・
 酔うと、日本人は(まれに女性も)
 本性をあらわにする(p33)


・日本人はなんでもきれいにしておくのが好きだが、
 実際ほんとうにきれいだ・・・
 「人の家に土足で上がり込む」という表現は、
 ひじょうに無礼なことを表す暗喩だ。(p46)


日本人のまっかなホント
ジョナサン ライス 浜 矩子 嘉治 佐保子
マクミランランゲージハウス
売り上げランキング: 183,824

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■目次

第1章 日本人とは?
第2章 日本人気質
第3章 態度と価値観
第4章 エチケット
第5章 家族
第6章 強迫観念
第7章 習慣と伝統
第8章 余暇と娯楽
第9章 ユーモアのセンス
第10章 ビジネス
第11章 社会制度
第12章 教育
第13章 政府
第14章 言葉


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む