「ハーバード白熱日本史教室」北川 智子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)

【私の評価】★★★★★(91点)


■ハーバード大学で教鞭をとり、
 2012年フェイバリット・プロフェッサー。


 2009、2010、2011年連続で
 ティーチング・アワード受賞。


 最初14人のクラスが、
 人気を呼び250人までに増えるという
 まさしく白熱教室を教える北川さんの一冊です。


 ハーバードの学生を引き付ける
 授業の秘訣は何なのでしょうか。


・東アジア学を専攻する学生は実に少なく、
 副専攻の学生を含めてやっと二桁になるくらいである・・・
 履修者が1人とか2人とか5人とか・・(p36)


■まず、彼女の授業のタイトルは、
 「Lady Samurai」と「KYOTO」。


 「Lady Samurai」は、戦後時代の
 女性に視点をあてた授業。


 「KYOTO」は、1542年から1642年の京都を
 調べていくというクラス。


 おやっ、と思わせるテーマですが、
 著者自身が面白そうと思ったことを
 テーマにしているとのこと。


・「KYOTO」のクラスでは、1542年から1642年の100年間に 
 限定するという方法をとります。・・・
 京都が劇的な変貌を遂げる時期なので面白いのです(p146)


■授業では、音楽を流したり、
 絵を描かせたり、盆踊りをしたり。


 いかに学生を飽きさせないか。


 いかに学生のパソコンを閉じさせるか。


 そこに注力していると感じました。


 学生は、授業中も無線でネットにつながるので、
 授業はyoutubeやfacebookのチャットとの
 戦いでもあるのです。


・学生が飽きる前に、いろいろな音を繰り出すのです・・・
 元寇の話をしなくてはならなくなった時には、モンゴルの民謡・・
 結婚の話題の時にはウェディング・ソングを・・(p113)


■英語で日本史を教え、ピアノを弾き、
 フランス語、中国語もOK。


 こんな才女が日本にいるんですね。
 驚きました。


 北川さん、
 良い本をありがとうございました。


------------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「Lady Samurai」のクラスは・・・
 毎週水曜日の午後に集まるまでに、全員が1冊の本を読み、
 その本のレビューを書いてくる宿題
つきのクラスだった(p39)


・アメリカの大学では、学期末に学生による
 先生の評価を実施することが一般的です。・・・
 ハーバード大学ではキューの結果を
 数年にわたり全面的にウェブ上に公開しています(p94)


・真っ白な紙を配っておいて、
 授業で「お絵描き」を指示する・・・
 京都の二条城や大阪城の写真を見せると、
 次に「お城を描いてみて」(p116)


・ステージの真ん中を区切って、正解と思うなら右側へ、
 間違っていると思うならば左へと移動する○×ゲームをして
 チャンピオンを決めたり、
 全員でダンスを踊ってみたり・・(p118)


・「次はグループ・プレゼンです」と発表すると、
 パニックが起こります。学生はたいてい、プレゼンとは
 自分で組み立て、自分がしゃべりまくり、自分がどれだけ
 アタマが良いかを誇示する場であると考えている
からです(p151)


ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)
北川 智子
新潮社
売り上げランキング: 4,669

【私の評価】★★★★★(91点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 ハーバードの先生になるまで
第2章 ハーバード大学の日本史講義1-LADY SAMURAI
第3章 先生の通知表
第4章 ハーバード大学の日本史講義2-KYOTO
第5章 3年目の春


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む