「【中国版】サブプライム・ローンの恐怖」石 平

| このエントリーをはてなブックマークに追加

【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 (幻冬舎新書)

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■中国の経済統計は、
 まったく信頼できないという。


 そのなかで比較的信頼できるのは、
 GDPではなく、李克強指数と呼ばれる
 電力消費量、鉄道貨物輸送量、銀行融資。


 中国はマイナス成長の
 可能性さえあるのです。


■中国の不動産バブル、
 日本の財政赤字、
 ユーロの財政危機、
 ドルの暴落。


 今は、ユーロが注目されていますが、
 それぞれ厳しい状況に変わりはないようです。


 中国は大丈夫でしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・GDPに占める個人消費の割合を示す
 「個人消費率」という指標があるが、
 米国はたいてい70%程度で、
 日本の場合は常に60%前後である。
 しかし中国の場合、2010年度の数字では、
 わずか37.5%であった。・・・
 経済が成長すればするほど、
 庶民の財布のひもが堅くなる・・・
 一つの原因は、中国における
 社会保険システムの不備である(p37)


・1企業が輸出することによって中国製の商品、
 すなわちモノは海外市場に出ていく、
 2外貨は政府の手元にとどまって、
 政府の外貨準備高となる、
 3その外貨分に相当する人民元が
 銀行から発行されて国内企業の手に渡り、
 国内市場で流通する(p45)


・エリートと金持ちは『西遊記』をやり、
 高級幹部は『紅楼夢』を楽しみ、
 地方政府は『三国演技』を繰り広げる。
 庶民たちはやることが何もないから、
 皆で『水滸伝』を演じてみせる・・(p132)


・中国には軍を統制する憲法や法律がない(p184)


【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 (幻冬舎新書)
石 平
幻冬舎
売り上げランキング: 79523

【私の評価】★★☆☆☆(65点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)