「石油の歴史」エティエンヌ・ダルモン、ジャン・カリエ

| コメント(0) |

石油の歴史―ロックフェラーから湾岸戦争後の世界まで (文庫クセジュ)

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■純粋に教科書的な一冊でした。


 この本で、20世紀を振り返ると、
 20世紀は石油の世紀であったことが
 わかります。


 日本も石油で追い込まれ、
 太平洋戦争に 
 踏み込むことになりました。


・1941年6月にドイツがいくつかの構想、
 なかでもカフカス地方の石油を手に入れることを
 考えて、ソ連に侵攻した(p79)


■現在もこうしたエネルギーの外部へ依存と
 脆弱性は変わりませんので、
 石油で追い込まれるリスクは常にあるという
 ことなのでしょう。


 すでに石油価格は高騰して 
 しまっていますが、

 エネルギーの安定調達のためには、
 軍事、経済、政治のあらゆる断面で
 考慮しておく必要があると感じました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・山下(太郎)はまず・・サウジアラビアとの折衝を始め、
 ついでクウェートとの交渉に当たった。ここでも
 資本金の拠出を求めず、さらに有利な利益分割
 (サウジアラビアに対しては56%、
 クウェートには57%)も申し出ていた。(p94)


・アメリカでは、石油業者が土地所有者に支払う
 石油使用料は、一般的には油井に掲示された
 原油価格の12.5%だった。(p86)


・1973年10月6日、エジプトとシリアが
 イスラエルに奇襲攻撃を仕掛けたのだ。・・・
 サウジアラビアのヤマニ石油相が統括する
 OPECの代表団は公示価格の倍増を要求し、
 石油企業はみずからの立場を明らかにする前に
 自国政府に意見を求めた(p120)


・会社間の競争は価格の「安売り」ではなく、
 製品やサービスの品質によって
 もたらされるべきだ
 (デターディング)(p40)


石油の歴史―ロックフェラーから湾岸戦争後の世界まで (文庫クセジュ)石油の歴史―ロックフェラーから湾岸戦争後の世界まで (文庫クセジュ)
エティエンヌ ダルモン ジャン カリエ Etienne Dalemont

白水社 2006-08
売り上げランキング : 399569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■著者紹介・・・エティエンヌ・ダルモン

 1910年カナダ生まれ。
 パリ国立高等鉱山学校を卒業し、
 パリ大学法学部で法学博士。
 1935年シェル・フランス入社。
 戦後、トタルで副社長、社長を歴任。


■著者紹介・・・ジャン・カリエ

 1922年パリ生まれ。
 フランス国立統計・経済研究所の行政官から
 トタル入社し、ドイツ・トタル社長、
 トタル経済担当役員を務める。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)