「インテリジェンス人生相談 [社会編]」佐藤 優

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリジェンス人生相談 [社会編]
佐藤 優
扶桑社
売り上げランキング: 54994

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■外務省を追われた佐藤優さんが、
 社会生活に困っている人達に
 アドバイスする一冊です。

 佐藤版「道は開ける」といった趣。

 日本は貧困の格差が大きくなってきたと
 言われていますが、そのためか
 私の印象では、半分くらいの相談が、
 経済的な問題についてでした。


・資本主義は、本性として、豊かさは豊かさを生み出し、
 貧困は貧困を生み出すという性質を有しています(p25)


■佐藤さんの回答が好印象なのは、
 具体的であるからです。

 政治家に相談してみよう、
 夢をノートに書いてみよう、
 「助けてください」と叫ぶこと、
 など親身になって回答しているのがわかります。

 一度は地獄を味わった佐藤さんならではの、
 アドバイスなのかもしれません。

 佐藤さん、良い本をありがとうございました。

━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・将来が不安なので国家公務員を志望している・・・
 国家公務員を志望するからには自分のことだけでなく、
 「日本国家と日本国民のために何かしたい」という
 動機がなくてはなりません。(p221)


・あなたが40歳の時にどうなっているかということも、
 大学ノートに書いてみたらいいと思う。どういうことを
 やってみたいとか。・・・今、そこまでの
 イメージが湧かないと思うんですよ。
 だから10年後のイメージをまず決めてみると。(p64)


・私の中にも外交官としての魂、神学者としての魂、
 民俗学者としての魂、作家としての魂が並存しているので、
 それぞれの魂を、所与の条件のなかで大切に育んでいくことが
 よいと考えています。(p217)


インテリジェンス人生相談 [社会編]
佐藤 優
扶桑社
売り上げランキング: 54994

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■関連書評

a. 「道は開ける」デール・カーネギー
【私の評価】★★★★★


b. 「インテリジェンス人生相談[個人編]」佐藤 優
【私の評価】★★★★★


c. 「国家の罠」佐藤 優、新潮社
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む