「ムダな仕事はもう、やめよう!」吉越 浩一郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ムダな仕事はもう、やめよう!

【私の評価】★★★★☆(83点)


■トリンプで残業なしで、
 19年連続増収増益を達成した
 吉越さんの仕事術です。


 仕事を減らすのではなく、
 少ない時間でそれまでと同じ量の仕事を
 効率的にやることを目指します。


・残業をやめる・・・これまでと同じ仕事のボリュームを
 定時までに片付ける意識があってこそ、
 仕事の質は高まるのである。・・・
 ゆとり教育が、なぜ批判されているのか。
 それは授業時間を減らすと同時に、学ぶべき内容を
 一緒に削ってしまったからだ。(p55)


■まずは、基本はデッドライン。

 厳しい期限を決めることで、
 自分の能力最大限発揮するようにします。


・デッドラインのない仕事は終わらない(p76)


■また、効率的に仕事をするから
 残業しなくてもよい、のではないということ。


 逆に、残業しないから、体が疲れず、
 効率的な仕事ができるのです。


・残業せずに早く家に帰るので、毎日、
 睡眠時間を十分に取れる。
 体力が充実するから、朝一番から気分はすっきりしているし、
 頭もフル回転。能力を発揮して効率よく仕事を片づけるので、
 残業する必要もない。(p66)


■実は私も定時退社スタイルなのですが、
 吉越さんの言っていることは本当だと思います。


 ただ、実際に体験してみないと、
 その本質は理解できないもの。


 まず、定時退社を実行してみていただきたいと
 思います。(でも仕事は、ガッチリやりましょう)


 吉越さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・定時に帰ると、毎日が一変する(p28)


・いまは昇進のために頑張らなくてはいけない時期だから
 長期休暇は出世してからでいい、
 という考えは捨てるべきだ。
 出世してからではますます休みづらくなる(p38)


・ここで先に片づけるべきは、
 「興味はないが重要度が高い仕事」だ。
 興味のない仕事をやると気持ちが乗らずに
 効率を落としそうだが、会社はこの仕事を終えないと
 回らないのだから、割り切りが必要(p92)


・早朝出社作戦・・・まわりは、
 「残業分の仕事を早朝にこなしているのだろう」
 と勝ってに思い込み、定時に帰っても誰も気に留めない(p104)


・前の会社の社長時代、私の口癖は、
 「そこに川があったら、とにかく飛び込め」
 だった(p112)


・義理と人情は、
 ロジックのすき間に流す(p138)


・三つを統合してAという一つの部にしてしまえば、
 部署間のケンカは起きない。
 ただ、ABCの各部をまとめるD部門を作って、
 見せかけだけの統合をしても意味がない。
 これでは部門内に新たな壁が作られるだけだし、
 レイヤーが一つ増えるためにかえって
 意思決定のスピードが鈍る(p168)


・仕事を早く片づけなければいけない環境に
 自分を追い込めばいい。・・・
 自ら仕事を買って出て、急いで片づけないと
 信用を失うような状況をつくってもいいし、
 もっとシンプルに残業しない宣言をして、
 後に引けない状況をつくってもいい。(p176)


ムダな仕事はもう、やめよう!
吉越 浩一郎
かんき出版
売り上げランキング: 2508
おすすめ度の平均: 4.0
4 常識を疑え!
5 読んでからは自分次第
3 手法は参考になるが、根本哲学に違和感
2 一歩も外へ出ていない
5 共感できる!

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)