「「福」に憑かれた男」喜多川 泰

| コメント(5) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣

【私の評価】★★★★★(96点)


■書店のお兄さんが、福の神にとり付かれ
 試練を克服して成長いく物語です。


 ポイントは、福の神は、
 良いことばかり運んでくる
 わけではないということ。


■本を読む人は減ってきている。

 近くに大型の書店ができる。

 近くにコンビニができる。

 主人公の環境では、
 どうみても本の売上が上がる理由は
 ありません。


 主人公はどうやって
 この試練をクリアしていくのでしょう。


■すっかり落ち込む主人公に
 福の神は出会いをセットします。


 しかし、その出会いを生かせるかどうかは、
 主人公しだいなのです。


  ・人はどうして本屋に来るか分かるかい?
   自分の内面を磨きたいからだ。
   心の掃除をしたいんじゃよ。(p56)


■親にならないと、親の気持ちはわからない。


 上司にならないと、上司の気持ちはわからない。


 福の神にならないと、福の神の気持ちはわからないのでしょう。


 そこが、この本のポイントです。


 ストーリーはあまり話せませんが、
 福の神の気持ちになって、
 やわらかな気持ちで読むことができました。

・・・・

■古人は、

 「士は己を知るもののために死す」

 と言いましたが、
 私はこの本を読んで「死んでもいい」と思いました。


 なぜかといえば、
 良い本を紹介したいという主人公と
 あまりに私が似ていたから・・・。


 私としては99点を付けたいのですが、
 普通の人が読めば96点でしょう。


 参りました。喜多川さん。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「おまえさんは、おまえさんの人生を使って
    何をしようと思っているんだい?」(p104)


  ・行動のないところに成功も失敗もない
   そして、行動の結果手に入れるものは、
   失敗でもなければ、成功でもない。
   それは、自分の人生を素晴らしいものにするために
   どうしても必要だった経験なんだ(p124)


▼引用は、この本からです。

「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣
喜多川 泰
総合法令出版
売り上げランキング: 73
おすすめ度の平均: 5.0
5 一人ひとりが福の神
5 ピンチはチャンス!

【私の評価】★★★★★(96点)



■著者紹介・・・喜多川 泰(きたがわ やすし)

 1970年東京生まれ。
 大学卒業後、1998年、横浜に学習塾聡明舎を創立。
 生徒の学習意欲を向上させるため研究を続け、執筆活動をはじめる。
 他に『君と会えたから・・・』『賢者の書』などがある。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(5)

『福に憑かれた男』読み終わりました。
すばらしい本でした。
165ページあたりから、涙が眼にたまります。

喜多川さんはまだ、30才台ですよね。
今までに有名な著者
(それなりにおもしろいのですが)
の本を様々な人からいただいて
読ませていただきましたが、
失礼ですが、なるほどとは思うものの、
私への影響力はさほどでもありませんでした。
(私の知能の問題かもしれませんが)

この本に出合えたことこそ奇跡と
感じるぐらいに読ませていただきました。
ありがとうございました。

本のソムエリさん、はじめまして。
RPEの北野さんが推薦される本を読むうちに
読書の楽しさを思い出した30代男です。

北野さん推薦本をあらかた読んでしまい、
いよいよ本のソムエリさんの推薦される本を
読んでみることに。

ソムリエさんのメルマガに登録して1回目の推薦本が
大絶賛されていた「「福」に憑かれた男」喜多川 泰♪でしたので、
これを読んでソムリエさんの実力を測ることに。(失礼な奴ですみません)
2時間も掛からずに読み終え、即座に私がしたことは、
「君と会えたから・・・」喜多川 泰 を注文する事でした(笑)

最高でした。
読書の醍醐味をこれでもかと堪能させていただきました。
是非自分の子供にも読ませたいと思える本でした。
独身ですけど(笑)
ちなみに「福」に憑かれた男の主人公は、私の中では
若いころのソムリエさんに自動変換されていました。
たぶんメルマガ読者さんは皆さんそう思うことでしょう。

なんだか纏まらない長文ですみませんが、
要するに申し上げたいのは
ありがとうございました! 今後ともよろしくお願いします。
です。

本のソムリエさん、はじめまして

トラックバックありがとうございました。

喜多川さん、いいですよね。

今新作の上京物語を読もうと思っていたところでした。

ピックアップされた言葉僕も大好きです

また寄らさせていただきます。

今後とも、いい本をたくさん紹介してくださいね

楽しみにしてます

最近感動した本は、
福に憑かれた男です。

福の神が、いろいろ変化を起こし、
それによって主人公がどんどん苦しくなるけど、
それを乗り越えて本当に自分のやるべきことを見つけていくところがとても興味深く面白かったです。


実際の自分自身に当てはめたとき、
苦しいときは、先の希望が見えなかったりしてしまうのですが、
本当は自分自身が変化し、成長するチャンスなんですね。
そんなことを思い出させてくれる一冊でした。

これからも本の紹介よろしくお願いします。

喜多川 泰さんの本で好きで

できるだけ早く読みたいと思っていたのですが、

なかなか読めずつい一昨日読みました。

期待を裏切らない本でした。


また、読書普及協会の清水克衛さんの講演

昨年・植松 努さんの講演とともに聞き

親しみを一層感じました。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む