「「福」に憑かれた男」喜多川 泰

| コメント(5) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣

【私の評価】★★★★★(96点)


■書店のお兄さんが、福の神にとり付かれ
 試練を克服して成長いく物語です。


 ポイントは、福の神は、
 良いことばかり運んでくる
 わけではないということ。


■本を読む人は減ってきている。

 近くに大型の書店ができる。

 近くにコンビニができる。

 主人公の環境では、
 どうみても本の売上が上がる理由は
 ありません。


 主人公はどうやって
 この試練をクリアしていくのでしょう。


■すっかり落ち込む主人公に
 福の神は出会いをセットします。


 しかし、その出会いを生かせるかどうかは、
 主人公しだいなのです。


  ・人はどうして本屋に来るか分かるかい?
   自分の内面を磨きたいからだ。
   心の掃除をしたいんじゃよ。(p56)


■親にならないと、親の気持ちはわからない。


 上司にならないと、上司の気持ちはわからない。


 福の神にならないと、福の神の気持ちはわからないのでしょう。


 そこが、この本のポイントです。


 ストーリーはあまり話せませんが、
 福の神の気持ちになって、
 やわらかな気持ちで読むことができました。

・・・・

■古人は、

 「士は己を知るもののために死す」

 と言いましたが、
 私はこの本を読んで「死んでもいい」と思いました。


 なぜかといえば、
 良い本を紹介したいという主人公と
 あまりに私が似ていたから・・・。


 私としては99点を付けたいのですが、
 普通の人が読めば96点でしょう。


 参りました。喜多川さん。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「おまえさんは、おまえさんの人生を使って
    何をしようと思っているんだい?」(p104)


  ・行動のないところに成功も失敗もない
   そして、行動の結果手に入れるものは、
   失敗でもなければ、成功でもない。
   それは、自分の人生を素晴らしいものにするために
   どうしても必要だった経験なんだ(p124)


▼引用は、この本からです。

「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣
喜多川 泰
総合法令出版
売り上げランキング: 73
おすすめ度の平均: 5.0
5 一人ひとりが福の神
5 ピンチはチャンス!

【私の評価】★★★★★(96点)



■著者紹介・・・喜多川 泰(きたがわ やすし)

 1970年東京生まれ。
 大学卒業後、1998年、横浜に学習塾聡明舎を創立。
 生徒の学習意欲を向上させるため研究を続け、執筆活動をはじめる。
 他に『君と会えたから・・・』『賢者の書』などがある。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)