「「心理戦」で絶対に負けない本」伊東 明、内藤 誼人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「心理戦」で絶対に負けない本―敵を見抜く・引き込む・操るテクニック

【私の評価】★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です81点


●社会とは人間が作り上げているものですから、
 その活動はすべて心理学とつながっています。


 物を売るのも心理学、
 上司を説得するのにも心理学が
 応用できるのです。


●私が一番参考となると感じたのは、
 会話における受け答えによる印象操作です。


 具体的な6つの例題について、

 どのように受け答えをすれば、
 相手に良い印象を与えることができるのか、
 選択式で考えさせてくれます。


 ・悪口は受け流すのが最も安全で確実な方法である。
  あからさまに言われたのでなければ、
  聞こえなかったふりや気づかないふりをするのもよい。・・・
  また、冗談にしてしまうのも、受け流しのひとつの方法だ。(p190)


●物を売ろうとしたり、説得しようとするときの心理学の名著に
 「影響力の武器」ロバート・B・チャルディーニ (著)が
 ありますが、この本の内容がほぼ網羅されています。


 むしろ、「影響力の武器」の内容を
 日本人に合うようにしているだけ、
 読みやすく、参考になるとも言えるでしょう。


 ・恐怖は効果的なのだが、強すぎてはいけないのだ。・・・
  「あの課長は普段はのんびりしているけど、いざ仕事が始まると、
  ピリッとしてちょっと怖くなるよな」と言われるぐらいが、
  最高なのだ。(p98)


●この内容で、この価格。もう買うしかありません。


 一家に一冊置いてほしい心理学の教科書ですので、
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「理性よりも感情」というのはかのヒトラーも言っていたことである。
  ・・・「大衆を操作したいのであれば、論理よりも感情に訴えて
  揺さぶり上げよ」と述べていた。(p17)


 ・ヒトラーは、どうしようもなく気弱な人間だった。
  会議中に思わず泣き出してしまった
  ということも一度や二度ではない。
  しかしながら、国民の前に現れる時や、
  写真やテレビに映っている時には、
  毅然とした態度を崩さなかった。(p132)


 ・人間はこのような機械的な判断を下すのではない。
  むしろ、悪い点には、本当に辛口である。・・・
  悪いことがひとつふたつあるだけで命取りとなる(p145)


▼引用は、この本からです。

「心理戦」で絶対に負けない本―敵を見抜く・引き込む・操るテクニック
伊東 明 内藤 誼人
アスペクト
売り上げランキング: 80798
おすすめ度の平均: 4.0
5 心理学的武装
3 あまり参考にはならない
3 心理テクニックの概略はつかめます
5 即実践できる
5 なぜ、いつも私は騙されてばかりいるのか?

【私の評価】★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です


■著者紹介・・・伊東 明

 大学卒業後、通信会社勤務を経て、大学院修士、博士課程修了。
 現在、東京心理コンサルティング代表。


■著者紹介・・・内藤 誼人

 アンギルド代表。心理学をもとにした人材育成や販売促進を
 レクチャーする研修、講演を行っている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む