「考える技術」大前研一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

考える技術

(評価:★★★☆☆)76点


●この本の題名は「考える技術」ですが、
 本来は「考える努力」とするべきでしょう。


 なぜなら、大前研一氏は驚異的な
 努力を実践してきたからです。


 ・私は当時横浜駅から東京駅までの二八分の
  通勤時間を利用して、テーマを決めて
  問題解決のプロセスを組み立てていくのである(p46)


●現在の自分と、
 あるべき姿に差があるのであれば、
 ひたすら練習と訓練を繰り返しています。


 ・もともと私は恥ずかしがり屋で、
  人前でしゃべるのが苦手だった・・・
  録音テープを回し、目の前に
  クライアントの会社の社長がいると仮定して、
  問題分析とそれを解決するための方策を
  しゃべるのである。(p79)


●「考える技術」と言いますが、
 結局は大量の事実という情報をインプットして、
 ひたすら考え続けるしかないのかもしれません。


 ・よい発想とは、理解していないが、
  いくつかの疑問があるという
  モヤモヤした星雲のような状態の頭で
  考えるときに生まれやすい・・・
  考え続けていると、
  「こうじゃないかな」と
  仮説がひらめくことがある。(p212)


●情報を集める、課題を設定する、
 解決策を考える、プレゼンの方法を考える。


 それぞれの工程で、
 細かな技術はあるのでしょうが、
 結局はひたすら考えることが必要なわけです。


 ・マッキンゼーという会社は、
  「社長に対して一分しか時間がなかったら、
  お前は何をやるか」を
  徹底的に考えさせる。(p52)


●最後に、サラリーマンの出世の技術を
 見つけました。


 それは、良い仕事をして、
 それをマニュアル化して社内に広めるということです。


 これは情報起業と同じ仕組みであり、
 ノウハウをマニュアルとして会社に売る
 ということです。


 ・私は同じことを二度やるのは嫌いな人間なので、
  そのうちに一度やった仕事については
  誰でも同じ結論が出せるようマニュアルを
  作るようにした。(p43)


●「技術」と言いながら、結局、
 「努力」に落ち着くところに、
 本質ががあるように感じました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・すべてに対して頑張れという経営者も多いが、
  その考えは明らかに間違っている。(p24)


 ・通常であればプレゼンテーションであれば
  全体の結論を先に言っておくほうがよい。
  私の場合、さらにその前提として必ず自分が
  やってきた作業を最初に言っておく(p58)


 ・フィンランドでは、小学校にも企業家育成コースがあり、
  「フィンランドのような小さな国は、
  国際化できる企業を作り、世界に出ていって
  活躍しなければいけません」と教えている。(p168)


考える技術
考える技術
posted with amazlet at 08.11.26
大前 研一
講談社
売り上げランキング: 5336
おすすめ度の平均: 4.0
5 主張に具体性がある
5 面食らってしまいます。
4 国家に騙されないために
5 知的に怠惰にならない
5 すべては意識することから。

(評価:★★★☆☆)76点



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)