本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「黄金のアウトプット術: インプットした情報を「お金」に変える」成毛 眞

(2020年6月 3日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(84点)


■マイクロソフト日本法人社長だった
 成毛さんのアウトプット法です。


 成毛さんの本の好きなところは、
 再現性のある具体的な
 方法論があることです。


 プレゼンは練習せよ。準備が9割。
 プレゼンのつかみは写真。
 TED動画を見よ。


 日頃こうした話のネタ、TIPSを
 メモしているのでしょう。


・プレゼンを楽にするのは写真である。自己紹介系のプレゼンでは、スライドはすべて写真にするべきだ(p109)


■興味深いのは、成毛さんの
 絵画に興味がある・・・
 (自分で料理する)美食クラブを
 作ろうとしている・・・
 と興味が尽きないことです。


 落語が面白い・・・
 デパ地下が面白い・・・
 総合週刊誌記者になれ・・・
 

 今の時代は、興味を持ったものを
 なんでも調べられるし、
 実際に自分でやることもできるのだ
 と思いました。


・外食時の写真をSNSで公開するのは、ただの記録であり、また自慢にすぎない。そこから一歩踏み出し、プロの食をインプットとし、同じようなもの、少し違ったものを自分でもアウトプットしようとすると、そのインプットの持つ意味が変わってくる・・・私は最近、友人たちと美食クラブを作ろうとしている(p5)


■世の中には、情報を受け取る側と
 情報を作り提供する側がいます。


 どうせなら情報を提供する側に
 なると面白いのでしょう。


 インプットした情報を加工して
 吐き出すことで、稼げる人に
 なりたいものです。


 成毛さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・得た情報をどう発信して、自分の血肉とするのか、価値あるものに変えているくのか、もっとわかりやすく言えば、「お金」に変えるのかを意識せよ(p6)


・何かを表現するときには、制限があったほうがいい・・・HONZの場合は本、それも自己啓発書や技術書を含まないノンフィクションで、発売から3カ月以内という制限を設けた。面白い本をすぐに買って読みたい人にはそれが便利だろう。つまり、ニーズがあるだろうと考えたのだ(p60)


・プレゼンは弁当だ・・・面倒でもサイドディッシュを用意する・・・ハンバーグに無反応だった人も、どれか一つくらいには反応し、それを印象のお土産として持ち帰ってくれる・・・「中身がなかった」と言われてしまわないための保険である(p97)


・プレゼンが上手くいかない、成果が出ない、と嘆くなら、それは単に練習が足りていないだけ・・ビル・ゲイツはあちこちで何度も何度もスピーチをしてきたが、それでも、リハーサルはしっかりやっていた。その重要性を理解していたからだ(p105)


・話術で最も学ぶべきは、言葉遣いや滑舌ではなく、まず、リズム感だ。田中角栄が幼い頃、吃音(きつおん)に悩んでいて、それを浪曲を習うことで克服したのは有名な話だ・・・リズムがあれば、言葉は出てくるのだ(p149)


・原稿を寝かせる・・翌日になってから、前日書いた文章を読み返す。すると9割方、誤字脱字、変換ミス、重複表現、何が言いたいのかいまいちなセンテンスなどが、恐ろしいほどに見つかる(p57)


・新しくてパリッとした服は、着ている人を新しくパリッと見せる・・・ときどきスーツを着なくてはならないときには、新品のユニクロの靴下を下す。ワイシャツも鎌倉シャツの新品を着る(p122)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

成毛 眞、ポプラ社


【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 アウトプット時代の到来 インプットは、もう終わりだね!
第2章 書くアウトプットがいちばんラク 書ければ、必ずお金になる!
第3章 やるほど上手くなる! 話すアウトプット術 説得、プレゼン、雑談のコツ
第4章 印象を操作する「見た目」のアウトプット術 戦略的ビジュアルの系のすすめ
第5章 インプットするなら「知識」ではなく「技法」 日常に潜む優良インプットソース
第6章 アウトプットを極上にする対話術 コミュ力は今からでも上げられる


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: