本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年」井上 久男

(2020年6月 4日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(81点)


■日産が6700億円の赤字を計上したという
 ニュースを聞いて手にした一冊です。


 昨年12月には日産生え抜きの関潤COO
 (副最高執行責任者)が1ヶ月で退任し、
 日本電産の社長となっています。
 日産は大丈夫なのでしょうか。


 日産の業績は1999年から2005年までは
 ゴーン改革で良かったのですが、
 すでに2003年頃からゴーンの
 日産私物化が進んでいたようです。


 妻のレストランの経費を日産に
 付け替えたり、ブラジルの姉に
 日産から実体のない顧問料を
 支払っています。


・ゴーンはブラジルに住む姉に、実体のない「不動産取引アドバイザー」の肩書を与え、2003年から2016年までの間に75万5000ドル(約8200万円)の顧問料を支払っていた。また、私用で使うリオデジャネイロの高級ヨットクラブの会費も、日産から支払わせていた(p59)


■さらに、2008年にはゴーン個人の
 金融取引の損失18億円を取締役会で
 承認を受けたうえで、日産に付け替えています。
(その後、新生銀行への監督官庁の検査で
 不適切な処理とされ、元に戻される)


 2010年には金融子会社をオランダに
 設立し、日本、オランダのゴーン氏用の
 社宅以外にブラジル、パリ、ベイルートの
 邸宅を日産の費用で購入・改築しています。


 2005年頃から日産の業績は黒字ながら
 減益が続いており、コスト削減と
 関連企業から利益を搾り取るリストラ
 疲れの中で、こうした
 私物化が継続されていたのです。


・2008年10月、ゴーンが個人的に保有する金融商品が約18億5000万円もの評価損を抱えてしまった・・・新生銀行は・・・ゴーンに追加担保を要求した・・・・損失を丸ごと日産に移してしまおう・・後日、日産の法務部長らが「取締役会での承認を得た」として新生銀行を訪問し、付け替えを求めた。新生銀行側はそれを受け入れ・・・・ところが、2008年11月、証券取引等監視委員会が新生銀行に検査に入り、・・・日産の取締役会での決議は偽装された疑いがあると判断し、 付け替えは会社法違反に当たる恐れがあると指摘した(p50)


■歴史的に日産には「天皇」がいて、
 社内抗争でその天皇が交代していく。
 それが繰り返されてきたという。
 そうした体質がゴーン氏の会社の
 私物化を許したと思われます。


 2008年の不適切事例が2018年に
 表面化する日産の取締役、部長クラスの
 情報統制はすごいと思いました。


 仮にゴーン氏が日産とルノーの経営統合に
 前向きな態度を取らなければ、
 ゴーン体制は継続していた可能性が
 あったのですから。


 井上さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・妻のリタさんが東京・代官山でやっていたレバノン料理店では、日産自動車名義のクレジットカードで仕入れ代金を払っていた。秘書室長が気がつき、ゴーンに『こんなことは困ります」と諫めると、その秘書室長はすぐに小さな関連企業に左遷されてしまった(p21)


・2010年12月、「ジーア社」という会社が日産の子会社としてオランダに設立された・・・ゴーン最側近のケリーが2010年10月、ジーア社に関して・・・アブダビに口座を作り、そこからゴーンに支払う」などとする社内メールを送信している。つまり、実際にはゴーンに「裏報酬」を払う目的の会社として設立されたのではないかと推察される・・・ジーア社はゴーンの邸宅保有の会社へと変更されることになる(p54)


・580万ドル(約6億3000万円)で購入したリオデジャネイロの高級マンション・・・パリにあるゴーンの邸宅(購入価格410万ドル=約4億5000万円、改築費500万ドル=約5億5000万円)・・・950万ドル(10億4000万円)で購入後、改築費720万ドル(約7億8000万円)を支払ったベイルートの邸宅(戸建て)・・・日産はゴーンに対して、都内に家賃月額136万円、オランダに同8000ドル(約87万円)の高級社宅を用意している。ゴーンは、その上に複数の豪華邸宅を会社のカネで買い、改築費まで負担させ、私用で使っている(p37)


・日産の歴史では、常に「天皇」とか「独裁者」と揶揄されるような人が現れ、その弊害が顕在化すると、社内抗争でその人物が引きずり下ろされるということが繰り返されてきた。また、企業体質として、社内での派閥争いや、部門間での責任の擦り付け合いが日常化・・(p65)


・カトリン・ペレスは「こんなクルマは売れるわけがない」と主張し、e-POWER導入に猛烈に反対したとされる・・・ところが、ノートe-POWERが売れ始めると、ペレスは社内で「あれは私が企画した商品だ」と吹聴して回ったという・・・それを信じたゴーンがペレスを常務執行役員に昇格させたのだ。一方、e-POWER開発の責任者を務めた矢島和男は、閑職に左遷された(p191)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

井上 久男、文藝春秋


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

はじめに 独裁とクーデターの歴史から
第1章 クーデター 2018年11月~
第2章 日産の救世主 創業~1999年
第3章 リバイバルプランとV字回復 1999~2005年
第4章 躓き 2005~11年
第5章 私物化 2011~18年
第6章 ゴーンなきあとの日産 自動車産業の未来予想図
おわりに ゴーンの日産は「社会を豊か」にしたか


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: