本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「花咲舞が黙ってない」池井戸 潤

(2018年2月23日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

花咲舞が黙ってない (中公文庫)


【私の評価】★★★☆☆(70点)


内容と感想

■半沢直樹で銀行の内部を描いた池井戸さんが、
 今回は、東京第一銀行の花咲舞という
 空気読めない女性銀行員を生み出しました。


 花咲舞は、臨店指導グループで
 業務監査をする立場。


 業務監査をしながら、
 情報漏洩、不正融資、
 ヤクザや政治家との結び付き、
 役員の言いなりの上司など
 銀行の暗部を描写していきます。


 倍返しの半沢直樹さんも合併交渉先の
 調査役として出てきますよ。


・私は、世の中の正義より、銀行の利益を常に優先してきました。正義に損得はない。そして損得にも正義もない。私たち銀行員は常にその境界線上にいて戦っているんだ。違いますか・・・そのとき君は、果たして正義を取るだろうか、利益を取るだろうか(p302)


■面白いところは、
 役員がらみの表に出せない融資が
 あるというところでしょうか。


 飛ばしや粉飾で破綻した
 山一証券や長期信用銀行を
 思い出しました。


 不良債権や不正融資が見えないと
 正しい経営判断ができず、
 会社が消滅することもある。


 この本では、花咲舞の東京第一銀行と
 ライバルの産業中央銀行との合併が決まり、
 その膿が表に出ることになります。


■こうした小説の良いところは、
 グチばかりの人や、
 部門利益しか考えない人や、
 足をひっぱる人がいるという
 現実の組織が理解できることです。


 悪いところは、
 そんなにうまくいくかい!
 と思ってしまうこと。


 池井戸ん
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・大して仕事もできないくせに、いい学校を出て、口が達者で上司に取り入るのが上手い連中だけが出世していく。挙げ句、たそがれ研修に呼ばれて自分のことは自分でやれと突き放される始末だ(p52)


・銀行というのは、月初めこそ忙しいものの月中にかけて商い閑散、つまり暇になっていき、やがて十五日頃から忙しさを増して、二十日、二十五日、そして月末という繁忙日を迎えるというサイクルになっている(p62)


・君に頼みがあるんだが、そのメンバーに加わることを承諾してくれないだろうか」・・「私でお役に立てるでしょうか」やんわりとだが、紀本は消極的な姿勢をアピールして見せた(p339)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

花咲舞が黙ってない (中公文庫)
花咲舞が黙ってない (中公文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 18.02.22
池井戸 潤
中央公論新社 (2017-09-05)
売り上げランキング: 5,541


【私の評価】★★★☆☆(70点)


[楽天ブックスで購入する]



著者紹介

 池井戸 潤(いけいど じゅん)・・・1963年生まれ。三菱銀行勤務を経て、「果つる底なき」で江戸川乱歩賞受賞。著書多数。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: