本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「空飛ぶタイヤ」池井戸 潤

(2012年3月13日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

■「下町ロケット」が良かったので、
 読んでみた一冊です。
 流れは「下町ロケット」と同じ。


 トラックのタイヤがはずれて
 歩いていた主婦にぶつかり死亡。


 事件を起こしたトラック運送会社が、
 倒産の危機に瀕するというストーリー。


 手のひらを返したように、
 取引先が取引停止。
 銀行の追加融資も停止。
 自動車会社からは相手にもされない。


 銀行と企業との密接でドライな関係
 そして大企業と中小企業の
 ぶつかり合いが面白い。


 銀行にいた著者だから書けるのでしょう。


・当行としては、社会的関心も高まっている事件でもありますし、今の状況では御社への追加融資を行うのはかなり難しいといわざるを得ません(p40)


■圧巻は、やはり社長のつらさでしょう。


 事故があれば社長の責任。
 金策に銀行へ行く。
 得意先に行けば、仕事を切られる。
 家に帰れば、子どもがいじめられる。


 世の中、一度うまくいかなくなると、
 すべてがうまくいかなくなる。


 それでも自分を信じて、
 事故の真の原因を追究し、
 自分の会社を守ろうとする社長は、
 頑張るのです。


・この苦しみがわかるか。悲しみがわかるか。小さな男の子を置いて逝っちまった母親の悔しさと悲しみが、あんたたちにわかるのか。(p477)


■三菱自動車のリコール隠しをネタに
 使っているようですが、実際は小説と
 どれくらい違って、
 どれくらい同じだったのでしょうか。


 ノンフィクションでも
 面白かったかもしれません。


 池井戸さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・貴様、自分が何を言っているのかわかってるのか。本来リコールすべきものをだな、評価替えして社内で対応するってのは要するに・・リコール隠しだ(p72)


・降格も許されない。もっとさりげなく、しかし、本人にしてみれば許容し難いところへ異動させろ、いいな。退職の理由はあくまで、自己都合でなければならん(p205)


・財務上の損益は、解釈の問題である・・匙加減ひとつ、解釈ひとつ変えれば、その損益は大きくもなり小さくもなる(p297)


・ここに来て捜査方針を変えればいい笑いものですよ。整備不良で赤松運輸を引っ張りましょう。ホープ自動車の報告書はお墨付きみたいなものなんですから、それを根拠にすれば後で問題になることはないと思います(p390)


▼引用は下記の書籍からです。

空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)
池井戸 潤
実業之日本社
売り上げランキング: 26823


【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 池井戸 潤(いけいど じゅん)・・・1963年生まれ。三菱銀行勤務を経て、「果つる底なき」で江戸川乱歩賞受賞。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: