「下町ロケット」池井戸 潤

|

下町ロケット

【私の評価】★★★★☆(84点)


■大阪の工場で人工衛星を打ち上げたことかなと思って、
 読んでみたら小説でした。


 ロケット打ち上げに失敗した研究者が、
 研究の道を断念し、
 親父の町工場を引き継ぎます。
 しかし、そこは一流ロケット技術者。


 技術にこだわりのある会社を
 地道に経営しています。


 ただ、不思議なのは、
 失敗したロケットに未練があるのか、
 汎用性のない水素エンジンの研究を
 続けているということです。


・「お前ら、夢あるか」・・・
 「オレにはある。自分が作ったエンジンで、
  ロケットを飛ばすことだ」(p219)


■なんで水素エンジンなんだろうと
 思っていたら、
 国産ロケットには欠かせない技術だったのです。


 この下町の中小企業の技術が
 国産ロケットに採用されるのか、どうか。


 最終的には、日本の国産ロケット開発を一手に請け負う
 帝国(三菱?)重工に水素エンジンのバルブシステムを
 納入することになりますが、
 その間に、資金繰りの問題があったり、
 社員の謀反があったり、
 特許についての訴訟や、
 技術使用料の駆け引きが面白い。


 映画向きの一冊だと思いました。
 ノンフィクションではないので、
 ★4つとします。


 池井戸さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・合法であればなにをしてもいいと彼らは思ってますよ。
 そんなふうにして、ナカシマ工業は、中小企業が開発した
 技術を自分のものにしてきたんです。(p90)


下町ロケット
下町ロケット
posted with amazlet at 12.02.25
池井戸 潤
小学館
売り上げランキング: 456

【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)