「経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書」山田 真哉

|

経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書

【私の評価】★★★★☆(82点)


■大河ドラマで「平清盛」が
 放映されていますが、
 それを狙ったかのような一冊。


 この本で注目しているのは、
 「平清盛」第8回にもでてきた「宋銭」。
 銅でできた中国の貨幣です。


 この時期に一気に通貨として
 日本国内に広まったというのです。


・「宋銭」普及の謎・・日本経済史上、最大のミステリー・・
 「絹・米を交換手段とする物々交換経済が、
  たったの10年で貨幣経済へと変わった
」(p58)


■平家が財をなしたのも、
 平家が没落したのも、
 「宋銭」が原因、というのが、
 この本の主題です。


 貨幣経済は、デフレとインフレ、
 不況と好景気を循環します。


 そして、天候不順による
 大飢饉の発生が、
 平家の天国から地獄への
 運命を決めたというもの。


宋銭普及は諸刃の剣でした・・・
 寒冷化がまねいた未曾有の飢饉による、
 デフレからハイパーインフレへの急激な転換・・
 平家に栄華をもたらした宋銭は価値を失い、
 かわりに平家に対する人々の強烈な不満だけを
 残していったのです(p176)


■ただ、ドラマを見るよりも、
 何が財をつくり、
 権力と武力をつくるのか。


 お金の面で見ると、
 これまた面白い。


 ただ、現代日本ではデフレから
 一気にハイパーインフレは
 勘弁してもらいたいものです。


 山田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


珍しい品々を売るのではなく、権力をもつ者に貢ぐ・・
 これが、忠盛の戦略であった、と推測されます・・・ 
 その効果もあってか、忠盛は当時一番稼げる役職であった 
 「国司」に任命されます。(p34)


・絹・米は貨幣の代替物としての役割を果たしてきました・・
 ところが、宋銭が通貨になると、もはや絹・米を
 貨幣代わりにして取引できなくなります
・・
 これは即ち、「絹・米の価格下落」・・
 貴族や寺社、そして各地の有力武士(在地領主)にとっては、
 収入が目減りしたも同然の非常事態です(p136)


銭貨出挙は基本的に、借りた銭を1年4ヶ月後には
 100%の利息をつけて返さなければなりません・・
 深刻な銭不足の問題につながるのです(p152)


・2009年11月、北朝鮮は深刻なインフレに対処するため、
 旧通貨100ウォンと新通貨1ウォンとの交換を行いました・・
 ところが、旧ウォンから新ウォンへの交換に上限があった・・
 人々は「お金」を信用しなくなり、商品・モノの確保へ
 シフトします・・物価が上がり、インフレになります(p86)


経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書
山田 真哉
講談社
売り上げランキング: 2006

【私の評価】★★★★☆(82点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)