「伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力」橋本 武

|
伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力
橋本 武
日本実業出版社
売り上げランキング: 754

【私の評価】★★★★☆(89点)


■著者の橋本さんは、
 あの名門校 灘の元国語教師です。


 灘の授業は中高6年間、
 同じ生徒、先生での一貫教育


 なんと6年間、「銀の匙」という小説を読み、
 その本にでてくる、百人一首をしたり、
 凧を作ったり、駄菓子を食べてみたり、 
 ちょっとしたひっかかったものを
 徹底的に調べていったというのです。


・「銀の匙授業」で行ったように、
 引っかかることがあったら、とことんそれを
 調べるという若いころからのクセ(p3)


■この脇道授業によって東大合格者が
 増大したとはいえないかもしれませんが、
 優秀な生徒の能力を伸ばしたのは事実でしょう。


 自ら深く調べ、学び、
 それを生徒に示す
ことで、
 学ぶということの本質を
 伝えたのです。


 橋本先生は、
 短に自分のやりたいことを、
 徹底的にやっただけと
 おっしゃっていますが、
 それも大事です。


・何かしら教育上の理念を考えてから、
 それを実現するために授業を行ったのではなく・・
 自分のやりたいことをやりたいようにやりたいだけ
 やってきたにすぎません
。(p112)


■そういえば、私も高校の頃、
 歴史の勉強をしながら、
 こんな答えを暗記するだけではなくて、
 原書を読んでみたり、
 関連する歴史小説を読んだり、
 現地を訪れてみると面白いんじゃないかと
 考えていたことを思い出しました。


 受験では、そうした余裕は
 与えられないのです。
 悲しいですね。


 深く学び、深く考えるということは、
 一生、役立つものだと思います。


 橋本さん、
 良い本と授業をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・そんなふうに付け焼刃で詰め込んだ知識は、
 すぐに忘れて使い物にならなくなります。
 すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなる
 私はそう思うのです。(p44)


・小学校3年生のとき・・・国語の担当であった
 加藤先生は、それこそ国定教科書などは使わずに、
 真田幸村とか猿飛佐助、霧隠才蔵といった英雄豪傑が
 登場する講談本(物語をまとめた本)を
 読み聞かせてくれましたが、これがすこぶる面白い・・・
 母親に「本買うて」としきりにねだるようになりました(p53)


・友人が大の読書家で、
 「こんな本が面白かった。あんな本がよかった」
 と、しきりに感想を書いてよこします。
 こっちもそれを読んで負けん気に火が付き、
 内外を問わず文学作品を読みだしました(p55)


・いずれの場合においても、親があれこれ口出ししないこと。
 これが重要です。親は、ただ子どもが自由に読み書きできる
 時間、環境を整える。そして、できれば子どもが読んでいる
 のと同じ本を読んでみる。(p87)


・自分の自由な時間、土日もすべてつぎ込みました・・・
 教師の仕事というのは自分の人間性を生徒に
 ぶつけることだということです・・・
 そういった一所懸命な思いは、プリントや授業を通じて
 子どもたちに必ず伝わります
(p110)


・よく生徒には次のようなことを言って聞かせていました。
 「相手に対してかなり自分が興奮しているときでも、
  これだけのことをしゃべっていいかどうか、
  一瞬でもいいから考えてから発言しなさい」(p126)


自分がやりたいことがやりたいようにできた、
 それが私にとっての成功
だということです。
 今日はあんなことがしたい、こんなことがしたい、
 そのなかで、今日はあのことができた。
 それだけで十分です。高望みなどしません。(p196)


伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力
橋本 武
日本実業出版社
売り上げランキング: 754

【私の評価】★★★★☆(89点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)