本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「007(ダブルオーセブン)に学ぶ仕事術」尾藤 克之

(2017年10月 3日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

007(ダブルオーセブン)に学ぶ仕事術: ジェームズ・ボンド流出世・上司・部下対策に悩む組織人のために

【私の評価】★★★★☆(87点)


■007(ダブルオーセブン)といえば、
 殺しのライセンスを持つ
 イギリスMI6の工作員です。


 毎回、007は文句も言わず、
 困難な任務を全うします。


 007も私たちと同じように
 Mという上司から指示を受けて仕事をする
 公務員(サラリーマン)なのです。


・「今日、残業いいかな?」「いまから一杯行こうか?」と言われたら、よほどの用事がない限り「はい、わかりました!」と言う関係でなければ、都合の良い部下として見てはもらえないのだ(p230)


■どうして007は、
 かっこいいのか。


 それは困難なプロジェクトに
 不平も言わずに
 持てる力をすべて出して
 完遂しようとすること。


 もちろんうまくいかない時もある。
 組織のしがらみもある。
 裏切りに合うこともある。


 そうした困難にも
 ボンドはクールに
 対応していくのです。


・潰れそうなプロジェクトがあったとしよう。これまで様々な策を講じたけど改善されない状態だ。そういう案件があったら、「僕にやらせてください。やれるだけのことはやってみます」と受けることが得策だ・・少しがんばればすぐ結果が出て、"火事場の処理がうまい人"という印象になる(p205)


■単なる仕事術ではなく、
 007(ダブルオーセブン)の事例と
 比較するのがうまい!と思いました。


 ボンド君も我々と同じように
 人間関係に気をつかい、
 使命を全うしているのですね。


 尾藤さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・サラリーマンにとって最も重要なスキルはなんだろうか?・・明確に言えることは、上司を喜ばすスキルを持っている人で出世しない人はいない・・(p123)


・「ワールド・イズ・ノット・イナフ」において、ボンドは、シンプルかつ速やかに問題を解決するために、事態をある程度改善した段階でMに状況報告している。相手を説得し、自分の意図する方向に誘導するには、先手を打って状況改善の目途を付けてから伝える。その必要性がわかる・・(p179)


・上司から仕事のやり方を指示されたとき、「それよりも、こうしたほうがよいのではないでしょうか」と別のアイデアを提案する人がいる。もちろん、本人にやる気があってのことだが、上司には上司なりの考えがある・・よかれと思って自分の提案を押し通そうとすると関係性が悪化し、上司には「扱いづらい」と評価されて「ブラックリスト」に
 載ってしまうこともある(p33)


・部下がまずやらなければいけないこと。それは上司の性格を理解することにある・・何故あの上司は評価が高いのか、または評価が低いのかなどの詳細についても把握しなければいけない(p105)


・昇進昇格が早い上司・・営業「課長、A社から受注をとりました」課長「よくやった!でも君の実力ならこんなものではないと思うが」部下を称えつつも高い目標というプレッシャーを与えている(p107)


・社内にはライバル陥れるためのトラップがいくつも用意されている・・どのような人がトラップを踏みやすいか・・仕事ができて有能だが唯我独尊タイプ、相手のポストを脅かす人物・・陰口や悪口の多い人である(p220)


・大きな仕事を受注してきた時など、周囲からの賞賛にかまけて「私の力で受注してきた」・・・という自己主張の強い社員はどこの会社にもいる。そのような時こそ謙虚になって、手柄を上司に譲ってしまえば「ソツがない=気が利く」
 と思わないだろうか?(p146)


・仕事の極意は根回しで味方をつくっておくこと・・日露戦争の時に伊藤博文ば、アメリカのルーズベルトのもとに同級生を向かわせて、アメリカに講和の仲介をしてもらえるように「根回し」をさせた話は有名である(p114)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 ジェームズ・ボンドへの道は、入社5年目の怒りから始まった。
第2章 異動した花形部署には、新たな敵が待ち構えていた。
第3章 敗戦処理、裏切り。ブラックな上司との死闘の果てに。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: