人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「外資系コンサルのビジネス文書作成術」吉澤 準特

2017/04/18公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系コンサルのビジネス文書作成術


【私の評価】★★★★☆(88点)


要約と感想レビュー

 思ったより多くの人が知らないのが、Wordの使い方ではないでしょうか。Wordの使い方は会社で教えてくれないので、私は独力で勉強しました。企画部の資料の書式、スタイルをそのまま真似したのです。インデント、字下げ、段落後の間隔などが、微妙にバランスいいんですよね。


 この本では、外資系コンサルタントが使っている具体的な推奨書式、スタイルを教えてもらえます。Wordサンプル文書もダウンロードできるので、そのまま真似できるのがありがたい。ダウンロードしてみると企画部の書式・スタイルと似ているものでした。


PREPで論点をまとめる・・Point(主張)、Reason(理由)、Example(事例)、Point(まとめ)・・理解を得やすい説明アプローチとして知られています(p51)


 さらに、スケルトン・ドラフト・フィックスの「3段階」で上司にレビューをもらうとか、最初に考えるべき構成から文書の書き方のポイントまで、具体的な文書例を示しながら教えてくれるのです。会社でもこうした本で、若手の底上げのためにWord、PowerPoint、Excelの使い方を教育するべきですね。


 吉澤さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・段落スタイル:⑥見出し0-文章・・
 【B】インデント-最初の行&幅:→字下げ&1字
 【C】間隔-段落後:→0.5行 (p124)


・「標準」スタイルの初期設定に対し、以下の変更を加えます・・
 【A】日本語フォントの変更:「MS明朝体」→「Meiryo UI」
 【B】行グリッド線に合わせる:有効→無効(p112)


・「修正が必要だ」→「修正すべきだ」・・「を共有を行う」→「を共有する」・・「部内検討を行う」→「部内で検討する」(p201)


・Excel、PowerPointの図表をWordに持ってくる場合、図表の貼りつけには「図(拡張メタファイル)」という形式を選択します(p248)


漢字率を下げる・・「次の会議では方針を纏める為、既に御配りした資料を予め読み込み、木曜迄に意見を提出下さい」このような文章ばかりのWord文書をあなたは読む気になるでしょうか(p181)


外資系コンサルのビジネス文書作成術
外資系コンサルのビジネス文書作成術
posted with Amazonアソシエイト at 17.04.17
吉澤 準特
東洋経済新報社
売り上げランキング: 8,148


【私の評価】★★★★☆(88点)


目次

序章 スキル診断
第1章 ストラクチャー―論理構造を組み立てる
第2章 スタイル―体裁を整える
第3章 センテンス―文章を整理する
第4章 スキーマ―図表を活用する
巻末付録 議事録の作成



著者紹介

吉澤準特(よしざわ じゅんとく)・・・外資系コンサルティングファーム勤務。専門領域において、日本支社のリーダーを務め、ビジネスからシステムまで幅広くコンサルティングを手がける。プロジェクトマネージャーとして、数百億円規模のシステム運用改善、組織改革、人材育成に携わることも多い。ITサービスマネジメントの世界基準である、ITIL Managerの有資格者でもある。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: