本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「マンガでやさしくわかる資料作成の基本 」吉澤 準特

(2016年3月14日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガでやさしくわかる資料作成の基本

【私の評価】★★★★★(91点)


■以前、メルマガで紹介した
 「外資系コンサルが実践する資料作成の基本
 【私の評価】★★★★★(95点)
 のマンガ版です。


 内容は、ほぼ同じですが、
 若い人にはマンガのほうが
 取っつきやすいのでしょう。


 若い人に限らず、
 資料の作成にあたっては、
 依頼者の意向確認とレビュー(確認)を
 しっかりやってほしいですね。


・資料を依頼してきた相手とのレビュー・・レビューの回数は、スケルトン・ドラフト・フィックスのそれぞれ1回ずつ、計3回を基本セットと考えます(p89)


■資料作成で大事なことは、
 目的と依頼者に合わせて
 作るということです。


 ビジュアルな資料を望む依頼者に、
 正しいけれども文字ばかりの
 資料を作ってしまっては失格でしょう。


 すべてのデータを書く必要はなく
 論点が示せればいい。
 詳細データは別添または
 手持ちでいいのです。


相手のタイプに合わせて・・実用志向タイプは、単刀直入・・低リスク志向タイプは、事実やデータに基づいて・・こだわり志向タイプは、自己判断を優先した結論ありきの資料を好みます(p92)


■このシリーズの良いところは、
 レイアウトからフォントまで
 徹底して実務的であること。


 そして、徹底して細部にも 
 配慮していること。


 教科書として職場に一冊
 備えておくべき本だと思いました。


 吉澤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・資料作成でもっとも多く発生する失敗は、資料作成者の勝手な思い込みによって、依頼側の意図しない資料が作成されること(p57)


・スケルトン:資料の目次・概要を作るスケルトンとは、資料のコンテンツを「目次レベル」+「概要説明レベル」で作成したものです(p85)


・分かりやすい資料はストーリーの中に論点がある(p118)


・目次単位にPREPで論点を列挙・・主張(P)を伝え、次にその理由(R)、具体的事例(E)を示し、最後にそれらを結び付けてまとめ(P)(p123)


・資料のレイアウトを統一する・・ヘッダー・本文・フッターにルールを設定することで、資料の見た目に統一感を持たせて読みやすさを向上(p136)


マンガでやさしくわかる資料作成の基本
マンガでやさしくわかる資料作成の基本
posted with Amazonアソシエイト at 16.03.13
吉澤 準特
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 7,260

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ:資料作成タイプ診断
 Story0 資料作りってこんなに大変なの! ?

1章: 資料作成の基本のキ
 Story1 海辺の特訓スタート!

2章:資料の中身と骨組みを作る
 Story2 本当のキーパーソンは誰?

3章:ひとめでわかる資料を作る
 Story3 いなくなった"憧れの人"

4章 より見やすくわかりやすく磨く
 Story4 戦うべき相手はいったい誰?


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: