本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦」NHKスペシャル取材班

(2016年7月30日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦 (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■日本海軍士官のOBが
 海軍反省会を開催していたという。


 その会議のテープを基に、
 「なぜ、日米が戦争となってしまったのか」
 という疑問に答えます。


・なぜ、あんな風な戦争をやったんだ、二度とこういう戦争をやってはいけないというのが根本ですよね。アメリカのような、国力が日本と比べて大きく違う国とどうして戦争をしたんだろうという、普通に考えればやることのない戦争ですからね(p60)
 

■対米戦争のために準備してきた
 海軍は引くに引けない立場に
 なってしまいました。


 負けるとわかっているけれども、
 短期間ならなんとかなる。
 それで戦争になってしまったとは・・。


 NHKさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・海軍は所帯が小さいから、仲間意識が強くてね。良いところも多いのだけど、困ったことは、失敗しても皆でかばい合って責任がウヤムヤになりがちなんだよね・・(p5)


・海軍の作戦計画の中枢であった軍令部の元部員に対し、「なぜ開戦に至るような決断を下したのか」・・・元軍令部員は「日米戦争になったら必ず負けると思っていた」「上官を説得するまではしなかったが」などと語る(p43)


・保科元中将は言う。「(嶋田大臣は)"もし自分が(対米開戦に)反対すれば、陸軍が内乱を起こす"と言うんですよ。(p65)


・戦争は避けられたはずだった・・保科元中将は語気を強めた。「東條さんがね、最後に開戦の決を決める時に、"海軍が反対すりゃできません"と言った。戦争はね、そういうことは、海軍が反対すれば戦争、要するに陸軍もどうにもしようがないということなんだね(略)海軍が戦わなきゃ、アメリカと戦争できないでしょ。だからその辺はどうもおかしいんだよね(p69)


・海軍省は政府に属する行政機関であり、軍令部は政府から独立した天皇直属の統帥機関である。海軍という組織の中に、ふたつの権力が併存していたことになる(p71)


・野元元少将は、言葉を選びながら続けた・・人事のことについて、(皇族の)博恭王が九年間も軍令部総長をやっている。ああいうのはどうも妙な人事である。殿下がひとこと言われると、もうそれは"はい"と。(p74)


・孫の桂氏も、伏見宮元帥に対する祖父の言葉を覚えていた・・「宮様ということだけで、何も言えなくなってしまう。何も批判ができなくなってしまうということですね、一種のタブーみたいになってしまっていると。そのために、本当のことが分からなくなってしまうんだというようなことを申しておりました(p78)


・『現情勢下に於て帝国海軍の執るべき態度』という文章を作っております(略)。この文章につき、検討批判を加えていく必要があります。この文章は端的に言って、敵を知らず、己を知らず、世界を見ざる独り善がりの魔性の海軍と言うべきか、あるいは稚拙な欠陥論と言うべき代物であります(p90)


・海軍の心理状態は非常にデリケートで、本当に日米交渉妥結したい、戦争しないで片づけたい。しかし、海軍が意気地がないとか何とか言われるようなことはしたくないと、いう感情ですね。(p108)


・対米戦に備えるという名目で軍備を拡張してきたので、今さら「戦争できない」とは言えない、これが軍令部の本音だった(p113)


・この広大な戦域の作戦計画を立てていたのは、作戦課に属する、わずか十人ほどの参謀であった。「無理がある」というレベルをとうに超え、狂気さえ感じてしまう(p116)


・特攻隊の生みの親のオオニシさんが赴任する前に軍令部に来たわけですよ。軍令部のほうでは、総長と次長と部長とね、それからナカザワ課長がおられたんです。・・今の日本の海軍航空隊の連中の実力じゃ到底それは敵を攻撃するなんてことはできないから、それは体当たりでもやるほかしようがないでしょうと、こう言ったところがですね、みんな黙っちゃったと。そして結局、口を開いたのはオイカワさんであってね。オイカワさんが、それはやむを得んだろうという。しかし、君のほうから命ずるような態度をとってはいかんぞと(p136)


・確かに特攻というのは一番その、特に水中特攻なんかにしましては、最も安直なんですね、これ、極端に言えば。自動操縦とか何とかいうことをどんどん研究してですね、あるいは同じ弾にしても、近接信管とか、そういうものを工夫していくべきで、あるいは飛行機に対しても、無人でですね、・・ところがそれをやっては間に合わないと、こういうことで黒島さんは特攻一本に絞られたんだと思いますが、この辺に問題がある(p163)


・ガダルカナルの攻撃は毎日のように航空攻撃が行われておりましたけれど、これに対する搭乗員の救助の支度は全然ございません。・・ところがアメリカのほうは我が方に攻撃を仕掛けてきますとその時には必ず救援の支度があります。潜水艦がちゃんと待機している(p197)


・日本の軍隊は上意下達が徹底していました・・『現地部隊が単独で動いた』と戦後多くの事件について現場指揮官がその責を負いました。・・・補給も考えず、食料など必要な物資の調達を現地で行うように指示し、結果的に現地住民との摩擦を生じさせ、今に至るまでの反日感情を生んだのはすべて軍令部を始めとする軍中央の無謀な戦闘計画に端を発しているのです(p305)


日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦 (新潮文庫)
NHKスペシャル取材班
新潮社 (2014-07-28)
売り上げランキング: 92,447

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 超一級資料との出会い
第2章 開戦 海軍あって国家なし
第3章 特攻 やましき沈黙
第4章 特攻 それぞれの戦後
第5章 戦犯裁判 第二の戦争

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: